生理前からいつも眠いのはなぜ?PMSの症状を生活習慣から直すために行うべきこと、眠気に襲われる生理前

生理前の眠い症状 生理前の眠気

生理前の眠い症状

  • 生理前になると眠くなる
  • 生理の初日は特に眠い

睡眠をとっているのにも関わらず、日中眠気が襲ってくること、これもPMS(月経前症候群)の症状です。

症状が強くでる人の中には、生理前の眠気で寝込む人もいます。

生理前 眠い

この主な原因はプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンです。

プロゲステロン(黄体ホルモン)は排卵後から分泌量が増えるのですが、眠気を引き起こす作用があります。

そしてこの時期は、
子宮を温めて妊娠に備えるため体温が下がりにくく、夜の寝つきが悪くなり睡眠の質が低下してしまいがちです。

寝込むほどではなくても、生理予定日の一週間ぐらい前から、日中眠くて昼寝をせずにはいられないという人も少なくありません。

こうした生理前の眠い症状は自然現象であり、特別心配する必要はありませんが、眠い症状が強いと仕事や家事に支障が出てしまい周囲に迷惑がかかります。

生理や生理前のたびに仕事や家事を休むわけにもいきません。

生理前の眠気

対策としては、

  • 朝日をしっかりと浴びて規則正しい生活を心がける
  • 貧血防止のため鉄分を意識して取る
  • ゆっくり湯船に浸かってリラックスする
  • 適度な運動をして睡眠の質を高める

などがあげられます。

普段の生活を見直してできるところから始めていきましょう。

眠れないほどの生理痛が起きる原因

生理になると眠れない程の痛みに悩まされ朝方まで苦しむ人も多く居ます。

眠気・眠い目をこすりながら痛みと闘うので毎月が憂鬱になる方も非常に多く居ます。

生理痛の痛みは女性特有の物ですので周囲の理解が難しく、毎月に鎮痛薬を服用して乗り切る方も居る程です。

生理痛 眠い

原因の多くは子宮の収縮による痛みで、
経血の排出を即す女性ホルモンの影響ですので、薬で麻痺させても経血を出し切るまではずっと痛みとの格闘になってしまいます。

ストレスが酷かったり体内のホルモンバランスが悪いと子宮の収縮のが強くなり過ぎたり、間違えて子宮の周りの血管も収縮させてしまうと言う弊害が起きてしまい、強烈な生理痛の他に腰痛や冷え性を発生させてしまう原因になってしまうのです。

生理痛 眠気

痛みで毎日眠れないと言う方に直接下腹部を温める事が痛みを緩和させてくれる事もありますので、

眠る前にお腹にペットボトルにお湯を入れてお腹に当てたり、少し時代遅れと思われるようですが腹巻等が非常に有効な方法ですので、生理の時だけでもしっかり下腹部を温める事をお勧めします。

また眠れない時にはたんぽぽ茶をゆっくり飲む事で身体の芯から冷えを無く血行を良くする事によってかなりの軽減が出来ますので眠る直前に飲むようにします。

生理前の眠気を誘うPMSの症状!サプリは有効?

PMSとは、月経前症候群とも呼ばれている身体的症状の一つです。

主に腹が張ったような感じを覚えたり頭や腹など身体に痛みを覚えたりするほか、睡眠障害などもあります。

PMSの症状 眠気

夜によく眠れない分,昼間の日常生活を送っているときに眠気を誘発してしまうこともあります。

そうした痛みや眠気などの症状は月によって程度が変わってくることはありますが、時に注意を要することもあります。

PMSに効くサプリメントはないのかという点についてですが、たくさんありますのでその点では安心です。

特に効くサプリメントとしては、植物性エストロゲンを多く含むタイプのものがPMSに効果的とされています。

植物性エストロゲンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きを持つことで知られています。

いくつかの物質の総称のことで、大別するとイソフラボン類とリグナン類とに分かれています。

リグナン類のほうは抗酸化作用があり、がんを防ぐ働きを持っています。

こちらはごまなどに含まれるセサミンがリグナン類に含まれており知られています。もう一つのイソフラボン類は豆腐や大豆などに多く含まれることで知られています。

こちらは妊娠しやすい身体づくりにも大きく貢献しアンチエイジングの面でも大きく注目されています。

こうした成分を含むサプリメントを適量摂る様にしていくことでPMSを改善させることができるようになります。

女性のミカタ

生理前にこんなお悩みを感じたことありませんか??

  • ニキビ肌荒れがひどい
  • 乳房のはりや肩こり頭痛が辛い
  • イライラ憂鬱やる気が出ない

女性のミカタ
★悩みによって使い分ける!

  • むくみや月経不順等のカラダの悩みには『すこやか編』
  • イライラや集中力低下等のココロの悩みには『やすらか編』

公式サイトはこちら

PMSサプリの考え方

生理の前はとても眠いのに、生理が来たら生理痛で痛くて眠れないでも眠い

生理痛とは、経血の排出を促す女性ホルモンの影響で、子宮が収縮することが原因で引き起こされる痛みです。

痛みで眠れないとさらに生理痛を悪化させる悪循環になってしまいます。

そんな時におすすめなのがPMSサプリとして、
PMSサプリは生理痛を体質から改善したりPMSの改善に効果を得られる女性のミカタを紹介しました。

女性のミカタに限らず、

  • PMSや生理痛に効果のあるチェストツリー
  • 抗酸化作用のあるピクノジェノール
  • 自律神経の調整とホルモンを生成する働きがあるプラセンタ
  • 自律神経を調整して不眠症を改善するイソフラボン

などの成分が含まれているPMSサプリはおすすめです。

サプリを服用することによって、痛みなどの肉体的な症状も改善されますし、イライラやもやもやなどの精神的な症状も改善されるのです。

また、生理による痛みで眠れない時だけでなく、
PMSの症状として現れる不眠症にも効果が見られるので、辛い症状で悩んでいる人は無理せずサプリを活用するようにしましょう。

オムロン式美人

排卵後~生理直前の黄体期は、眠気を強くするプロゲステロンの分泌が盛んになるためです。また、黄体期は基礎体温の高温期にあたります。体温の変動が少なく、体温が高めの状態が続くこともあって、日中ボーっとしたり、眠たくなったりするんですね。
こうした女性のからだの変化は、プロゲステロンが妊娠に備える女性ホルモンであることが関係しています。からだを休ませようとする作用があるため、実際に、妊娠するとプロゲステロンがたくさん分泌されて、だるい、熱っぽい、眠くてたまらないなどの症状があらわれる人は多いんですよ。
ところが同時に、黄体期は寝つきが悪くなる時期でもあります。からだは体温を下げながら眠りにつくというしくみになっているため、基礎体温が高くなるこの時期は「眠いのに眠れない」ということも起きるのです。なかには、夜中に目がさえてしまい掃除に精を出す女性もいます。
このように女性ホルモンの変動は、少なからず睡眠のサイクルや睡眠の質に影響しています。
参考サイト

女性のミカタ
公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました