いつも生理前の肌荒れに悩まれてる方の共通点を発見!生理前の肌荒れの原因と改善策を紹介します

生理前の肌荒れ 生理前の肌荒れ

生理前 肌荒れ

生理前は皮脂が過剰に分泌しやすいのでニキビなどの肌荒れに困っている人も少なくないでしょう。

生理前の肌荒れを防ぐためには、
洗顔時にいつもより優しくたっぷりの泡で洗うことがポイントです。

皮脂が多いTゾーンはしっかりと洗う必要がありますが、その他の部分をゴシゴシ洗うと肌が乾燥して、さらに肌荒れが悪化します。

生理前 肌荒れ

生理前は肌がデリケートになっているので、念入りに洗いますが刺激をなるべく与えないようにします。

そのため、肌の乾燥を防ぐためにお湯よりも水で洗顔するのがおすすめです。

メイクをする時は、毛穴を詰まらせやすいリキッドファンデーションを避けて、着け心地の軽いパウダーファンデーションを薄く塗ります。

ニキビは無理に隠さない方が良いですが、気になる部分はコンシーラーでカバーしてクレンジングをしっかり行います。

紫外線は刺激となるので、UVカット対策のファンデーションや日焼け止めが必須です。

生理前は甘い物を食べたくなりますが、肌荒れの原因になるので暴飲暴食は控えます。

*ケーキを食べるのではなく、フルーツやヨーグルトで食欲を満たしましょう
ナッツ類は小腹を満たすのにちょうど良いですが、脂質を多く含むので生理が終わってから食べるようにします。

生理中と肌荒れの原因は?

生理中の女性の多くの悩みのひとつに肌荒れが挙げられます。

この生理中の肌荒れには、実は原因があります。

これには、女性ホルモンが大きく関わっており、エストロゲンとプロゲステロンと呼ばれるふたつの女性ホルモンが肌に影響を与えるためです。

生理中 肌荒れ 原因

エストロゲンは、生理後から排卵までの間に分泌され、肌などにツヤを与えてくれます。

しかし、排卵後はエストロゲンが減少し、プロゲステロンの分泌量が増えます。

プロゲステロンは妊娠を維持してくれる効果があり、非常に重要なホルモンですが、増えすぎることで皮脂の分泌量が増えたり、抗菌ペプチドと呼ばれる紫外線などから肌を守ってくれる成分を少なくしてしまいます。

そのため、生理中はこの女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことで肌荒れが起こってしまうのです。

生理中 肌荒れ 女性ホルモンバランス

こういった症状は、
女性にとっては仕方ないことだとも言えますが、肌荒れが起こることで憂鬱になったり、ストレスを抱えてしまう人も多いでしょう。

そのため、出来るだけ肌を良い状態にするためにも、日頃の生活習慣を見直し、肌の荒れを最小限に抑えておくと良いと言えます。
そのためには、質の良い睡眠を得ることや栄養バランスの整った食事をすることなどが重要だと言えます

生理前に肌荒れしてしまう原因

生理前(PMS)に肌の調子が悪くなってしまう原因としては、ホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。

ホルモンバランスの乱れは、肌の調子を悪くしてしまうだけではなく、イライラやむくみなどの症状を引き起こしてしまいます。

生理前の10〜12日間は黄体ホルモンの分泌が活発になっています。

このホルモンは妊娠を促して、妊娠に備えて栄養や水分を備蓄する働きをし、皮脂の分泌量を増やす働きもするため肌荒れの直接的な原因となります。

皮脂が過剰に分泌されれば、ニキビなどができやすくなり、メラニンの生成も活発化するため肌のくすみも起こる場合もあります。

生理前の肌トラブル

このような肌トラブルを予防するためには、
皮脂の分泌を減らすためにも、動物性の脂質は取り過ぎないようにし、スナック菓子やチョコレート、ナッツ類も避けることが無難です。

避けることは皮脂の分泌を抑えることになりますが、
野菜を意識して食べることによって肌に良い栄養を摂っていくことを意識することも重要となります。

また、ホルモンバランスを整えることも大切なため、
女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きのする豆乳などの大豆製品に含まれた大豆イソフラボンを摂ることも効果的です。

生理での肌荒れの症状

生理前や生理中は何かと身体や心が不調になるものです。

腹痛や腰痛、イライラやめまい、肌荒れなど、その症状は様々ですが、ここでは、生理による肌荒れについてみていきましょう。

生理 肌荒れの解決策

生理による肌荒れはの原因は、主にホルモンバランスによるものです。

肌が脂っぽくなったりニキビができやすく、肌自体も敏感な状態になっています。

解決策は?

生理前の肌荒れの解決策としては、肌にあまり刺激を与えないこと。

肌が敏感になっているため、
この時期に高級なクリームやパック、ピーリングなどのスキンケアをしても、かえってそれが刺激となり肌トラブルを引き起こす可能性があります。

低刺激性の化粧水や乳液などを使ってシンプルなお手入れをしましょう。

また、頭皮も敏感になっているため、髪の毛のカラーリングもこの時期は避けておいた方がよいでしょう。
(頭皮トラブルやかぶれなどを引き起こす可能性があります。)

規則正しい生活とバランスの良い食生活を心がけ、肌荒れに効果的なビタミンB群やビタミンCなどのサプリメントを摂取するのもおすすめです。

尚、生理が終わる頃にはホルモンバランスが変わると共にお肌の状態も安定してきます。

お肌の状態を見ながら、スキンケアも調整してみてくださいね。

生理前の肌荒れを改善できるサプリ

生理前になると顎付近にニキビが出来る、肌荒れが気になるという人はとても多いと思います。

生理前の肌荒れ・サプリメント

大人ニキビはや肌荒れは、放っておくとシミになることもありますし、女性にとっては大問題です。

生理前の不調はPMSと言われ、ホルモンバランスの乱れが原因と言われており、その症状には個人差があります。

ただでさえイライラしたり、気分が落ち込んできるときに、肌荒れは本当に辛く気になる症状です。

生理の前は、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えます。

生理前 肌荒れ プロゲステロン

このプロゲステロンは、皮脂の分泌を増やす働きがあるので、肌の状態が不安定になります。

そんな、
生理前の肌荒れを改善するには、サプリメントの摂取が効果的です。

ビタミンA、C、Eなどのサプリを摂取すると、肌の水分量を整え美肌に導く効果があります。

マルチビタミンなど、たくさんの種類のビタミンが含まれるものもよいでしょう。

また、イソフラボンなどの女性ホルモンに似た働きをするサプリを摂取すると、ホルモンバランスの乱れを整えてくれます。

さらに、プラセンタも生理前症状を緩和し、お肌の状態を整える効果があります。

これらを取り入れ、辛い生理前の症状を少しでも軽く、気分も健やかに過ごしましょう。

生理前のあごニキビや肌あれ…どうして?

女性は生理周期に応じて女性ホルモンが変動し、心身や肌の状態に影響を与えることがあります。なかでも生理の1週間前あたりは、黄体ホルモンが増えるため皮脂の分泌が活発になります。

そのため肌が脂っぽくなってあごや口元など部分的にニキビが目立ったり、肌が不安定になってかさつきや炎症を起こしたり。ほてりを感じることもあります。
参考ページ

【参考ページ】
女性のミカタの口コミ・評判
むくみや月経不順等のカラダの悩み・イライラや集中力低下等のココロの悩みなら

コメント

タイトルとURLをコピーしました