PMSサプリメントとは?生理前症候群(PMS)サプリメントの選び方・PMSサプリメントを使用してみた体験談・口コミ

PMSサプリメント

月経前症候群のつらい症状に悩まされているという女性は多いのではないでしょうか。

症状としては、

  • イライラする
  • 憂鬱になる
  • 情緒不安定になる
  • 便秘
  • 腹痛
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 肩こり
  • むくみ
  • 微熱
  • 肌荒れ
  • 倦怠感

など様々です。

これらの症状を緩和させるためにはPSMサプリメントの摂取が効果的です。

PSMサプリメントの選び方としては、自分に合っているものを見つけるということが大切です。

PSMサプリメントの選び方のポイントとしては、配合されている成分や含有量に注目するということです。

効果的な成分としては

  • 大豆イソフラボン
  • チェストツリー
  • プラセンタ

などがあります。

これらの成分にプラスして

  • ビタミン
  • ミネラル

などが配合されているものなど様々なものが種類豊富に市販されていますので、それぞれを比較して自分の症状のあったものを選びましょう。

女性のミカタ

生理前にこんなお悩みを感じたことありませんか??

  • ニキビ肌荒れがひどい
  • 乳房のはりや肩こり頭痛が辛い
  • イライラ憂鬱やる気が出ない

PMSサプリメント
★悩みによって使い分ける!

  • むくみや月経不順等のカラダの悩みには『すこやか編』
  • イライラや集中力低下等のココロの悩みには『やすらか編』

PMSサプリメントなら
公式サイトはこちら

生理前症候群(PMSサプリメント)体験談

PMSの症状で悩んでいる人は、

PMSサプリメントの体験談が気になる!

一番気になるのは、口コミや評判だと思います。

そこで、Googleクチコミ、TwitterやInstagram、Facebook、公式サイトに利用者の声(体験談・口コミ)を探してみました。

・「ズキズキと脈を打つように痛む」
・「動く(血行が良くなると)とより痛む」
これが生理前後に起こりやすい頭痛は、特徴です。

また目がチカチカする症状や、吐き気が伴うこともあります。

いわゆる、血管が拡張して脈に呼応した痛みが特徴の片頭痛と呼ばれるものです。

片頭痛かなと思ってたら月経と関連していることもあるので、心当たりのある方は、頭痛の時期が生理前かどうか注意してみると良いでしょう。

月経開始の2~3日前に片頭痛発作を起こす人が多いようです。

この片頭痛を「月経関連片頭痛」と呼びます。

PMSサプリメント 口コミ

生理前の首こりと頭痛がひどい
生理前のつらい首こりと頭痛に悩まされたことがあるという人は多いのではないでしょうか。
私もその一人です。
月経前症候群の症状の一つであると自覚しています。
私の場合は生理が始まる10日前くらいから症状が出始めます。
同時に、イライラする、集中力がなくなる、憂鬱な気持ちになる、便秘、むくみ、肌荒れなどの症状も出てしまいます。
ひどい首こりと頭痛により吐き気を伴うこともあります。
生活に支障をきたしてしまうほどのつらさで会社を休んでしまうこともありました。
これは何か対策を講じなければならないという必要性を強く感じたので、生理前の心と体の不調を緩和させる効果がある漢方薬やPMSサプリメントを積極的に摂取したり、健康的で規則正しい生活習慣を心がけたりして改善に努めました。
栄養バランスの良い食事をとったり良質な睡眠をとったり適度な運動を習慣づけたりしました。
ストレッチを毎日欠かさずに行って首や肩の筋肉をほぐして血行を促進させることも心がけました。
その結果、生理前のつらい首こりと頭痛の症状は見事に改善され、とても快適に過ごすことができるようになりました。
そのほかの月経前症候群の症状も緩和されたので、これからも続けていきたいです。

PMSサプリメント 評判

生理前の頭痛にイライラ
生理前になると決まって頭痛とイライラ感に悩まされます。
頭痛は起床時から夜まで慢性的で、首から上がすごく重たい感じがして、パソコンやテレビを見ているとこめかみがズキズキと痛んできて重症化することもあります。
なるべく痛み止めの薬を飲みたくないのでベッドに横になって回復するのを待ったりもしますがなかなか改善しないことが多いです。
生理前の頭痛のせいでせっかくのお出かけの時も楽しく過ごすことができなかったり、食事が美味しく食べられなかったりと本当に困ることが多いです。
一度頭痛が始まると生理が終わるまで延々と続くことがほとんどなので、この期間は元気に過ごせず憂鬱な気分です。
憂鬱なだけでなくイライラとすることもしばしばで、気分が落ち込んで不安定な感じになり、普段ならなんでもないようなことが気になってしまいます。
生理前だからしかたないと割りきって考えることができればいいのですが、ついつい家族にあたってしまったりすることもあり、そんな時は後から申し訳なく感じます。
肌も敏感になっていて夜寝るときに体が痒くて不眠気味になることもしばしばで、それが更にイライラを助長している感じがします。
生理前の不快な症状のせいで1ヶ月のうち1週間以上の辛い期間を過ごさなくてはならず、困憊しています。

PMSサプリメント 体験談

生理前の気持ち悪い・吐き気
生理前の吐き気の症状に悩まされているという女性は多いのではないでしょうか。
私もその一人です。
私の場合は、生理が始まる1~2週間前くらいから症状が出始めます。

気持ち悪い、吐き気などの症状により食欲がなくなってしまったり体がだるくなってしまったりするので生理前は毎月絶不調です。
あまりのつらさに仕事を休んでしまったこともあります。
吐き気の症状だけではなく、頭痛や肩こりや腰痛やむくみや便秘や肌荒れなどの症状も>出てしまいます。
体の不調だけではなく、イライラしたり集中力が低下したり憂鬱な気持ちになったり情緒不安定になったりなど心にも不調があらわれます。
症状がどんどん悪化してきているような気がしたので、対策を講じることにしました。
私が行った対策は、生理前症候群の症状を改善させる効果があるPMSサプリメントや漢方薬の摂取です。
生理前症候群の原因は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減り、黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌が増えることによるホルモンバランスの乱れにあります。
ですので、エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンが配合されているサプリメントや自律神経の乱れを整える漢方薬などを摂取しました。
その結果、見事に症状が改善されて吐き気の悩みも解消されました。

生理前の吐き気の症状

生理前に、吐き気をもよおすことがあります。

  • 腹痛
  • 頭痛

同様にプロスタグランジンの分泌量が過剰になることが原因です。

プロスタグランジンとか?

プロスタグランジン (prostaglandin, PG) は、プロスタン酸骨格をもつ一群の生理活性物質。
アラキドン酸から生合成されるエイコサノイドの 1 つで、様々な強い生理活性を持つ。プロスタグランジンとトロンボキサンを合わせてプロスタノイドという。

PGA:血圧低下作用のみ
PGB:血圧低下作用のみ
PGC:血圧低下作用のみ
PGD2:血小板凝集作用・睡眠誘発作用(PDD受容体)。
PGE1:動脈管開存作用、子宮収縮作用。
PGE2
平滑筋収縮作用(EP受容体EP1サブタイプ)
末梢血管拡張作用(EP受容体EP2サブタイプ)
発熱・痛覚伝達作用(EP受容体EP3サブタイプ)
骨新生・骨吸収作用(EP受容体EP4サブタイプ)。
PGF2α:黄体退行・平滑筋(子宮・気管支・血管)収縮作用(FP受容体)。畜産においては繁殖に利用される。
PGG:血圧低下作用・血小板凝集作用・眼圧降下作用
PGH2:血小板凝集作用
PGI2:血管拡張作用・血小板合成阻害作用(IP受容体)。
PGJ:抗腫瘍作用のみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました