冷え性を改善したい!冷え性の原因

冷え性を改善したい!冷え性の原因サプリメント

冷え性とは

冷え性とは、冬だけでなく1年中、季節に関係なく手足・腰・背中・肩などの特定の部位に強い冷えを感じる症状を意味する言葉です。

そんな冷え性は血行が悪くなることで起きやすくなると言われてます。

そして冷えになると不調を感じて身体にさまざまな悪影響を感じることになるので、多くの人がその症状に悩んでいることでしょう。

冷え性とは

 

冷え性の原因

冷え性の原因には、さまざまなものがありますが生活環境や食生活、運動不足などにより血行が悪くなると心臓から遠い手足が冷えてしまいがちです。

そしてそれゆえに、冷えている箇所だけを温めたからといっても本当の意味での冷え性の対策にはつながらない点には注意が必要です。

そこでここからはそのさまざまな冷え性の原因を段落に分けて紹介します。

ダイエット

ダイエットも実は、冷え性の代表的な原因と言われています。

ただし、これは「食べる」という行為を制限したダイエットをしたときに特に注意が必要、という意味です。

これは、食べるということが体の中で熱を生み出す基礎となっていることに由来します。

そのため、食事はしっかりとったうえでダイエットを行うようにしましょう。

 

ホルモンバランス

ホルモンバランスの乱れも冷え性の原因となる点には注意が必要です。

なお、視床下部にある体温調節中枢が環境・皮膚から感じる温度を把握し人の体温を調節する命令を出しています。

その際には、暑ければ血管が拡張し発汗を指示し体温を低下させようとする一方で寒ければ血管を収縮させたり代謝を高め体温を上げようと働きかけます。

この体温調節の大部分は自律神経が担う部分が大きいので自律神経の乱れが体温調節機能の低下につながります。

そして、この体温調節の鍵を握る自律神経はホルモンの分泌に引っ張られる傾向にあるので冷え性の原因としてホルモンバランスの乱れがなりうるのです。

食事

食事も冷え性の原因となる点には注意が必要です。

逆に言うと食の乱れはあらゆる体の不調を引き起こします。そのため、食の乱れが体の不調のひとつである「冷え性」の原因となることもあるのです。

特に食べすぎ飲み過ぎは消化吸収のための血液が胃腸に集中し血行不良の原因になるので冷え性の大敵です。

食事も冷え性の原因となる

 

新陳代謝

新陳代謝が低下している場合も冷え性の原因になることが多いと言われています。

この「新陳代謝」には古くなった細胞が新しい細胞に生まれ変わるサイクルだけでなく、体内の老廃物を廃棄する役割もあります。

そのため、新陳代謝が低下してしまっていると冷え性という症状だけでなく体内に本来であれば残す必要のない老廃物を多く取り残してしまう可能性がある点には注意が必要です。

新陳代謝を改善すると血行も改善し冷え性が改善すると同時に、少しでも体温を上げることができれば新陳代謝が活発になる、と、言えるほど両者は密接に関係しています。

どちらにしても冷えを解消して新陳代謝を良くすることができれば健康な体を手に入れることができるので、ぜひともできることから対策をしてみるのが良いでしょう。

筋力低下

筋力低下も冷え性を引き起こす原因となるので注意が必要です。

そもそも筋肉は人が活動していく上で必要な「熱」を作り出す元として重要な役割を担っています。

それゆえに筋肉量が少なければ少ないほど体全体が熱量不足になりやすく冷え性に陥りがちになるのです。

この事実は、男性に比べて圧倒的にその筋肉量が少ない女性に「冷え性」の人が多いということからも多くの方が身をもって実感しているところでしょう。

そのため、冷え性で悩んでいる方がその症状の改善が見込まれる方法として筋力をつけるというのもかなり有効です。

ぜひ運動をする習慣がない冷え性さんは運動を習慣化してみることをおすすめします。

冷えによる身体の様々な症状

冷え性は人によって様々な症状があります。

具体的な自覚症状は、入浴してもすぐに冷えてしまう、布団に入っても冷えで眠れない、暖かい部屋にいてもなかなか体が温まらなかったり、気温が高くても冷えを感じるなどの症状が出てきます。

手足の冷えを感じる方もいれば、肩こりや頭痛を発症する方もいます。

また、ニキビや吹き出物ができやすくなる方もいます。

このように様々な症状が現れるのは、冷えによって身体の様々な機能が低下するからです。

  • 手足の冷え
  • 肩こり
  • 頭痛
  • ニキビや吹き出物
  • 肌荒れ
  • 疲れ
  • だるさ
  • 風邪
  • 胃腸の不調
  • 食欲不振
  • 腰痛
  • 便秘
  • 下痢
  • 生理不順
  • 不眠
  • むくみ
  • その他

血流が身体の隅々にまで行き渡らない

血流・リンパの流れ

まず、冷え性の原因の一つは血流やリンパの流れの低下です。

血流が身体の隅々にまで行き渡らないと手足の末端が冷えやすくなります。

むくみ・太りやすい

また、それに伴い全身の代謝も低下するので、水分排出が上手くいかずむくみやすくなり、脂肪燃焼も低下するので太りやすくなります。

そして肌の代謝も低下するため、ターンオーバーが乱れ、肌荒れを起こしやすくなります。

また、血流・リンパの流れが悪いと筋肉も緊張しがちになるので肩こりや身体の凝りが出やすくなります。

自律神経の乱れ

さらに全身の冷えは自律神経の乱れを生じます。

それにより頭痛や吐き気を引き起こし、不眠になる場合もあります。

内臓機能による免疫力低下

そして、体温低下により内臓機能も低下します。
すると免疫力が低下し、体調を崩しやすくなります。

美容にも影響

このように冷え性は身体に様々な症状をもたらします。
健康への影響はもちろん、美容にも影響するので、いつまでも健康で美容も保ちたいなら早めに改善することをおすすめします。

冷え性サプリ・冷え性のメカニズム

冷え性のメカニズム

体温が低体温になってしまうと、女性の体には様々な症状が出るようになります。
肩こり・頭痛・腰痛・腹痛・生理痛などの症状です。
これらの症状でも問題なのは生理痛であり、体が冷えによってホルモンバランスが乱れるため起こります。

冷え性の状態は2種類

体の体温が低くなると冷え性と言いますが、冷え性の状態は2種類に分かれます。

末端冷え性・内蔵型冷え性

末端冷え性と内蔵型冷え性の2つです。

末端が冷える症状

末端が冷える症状は、手足の先が冷たくなってしまいます。

内側から冷える症状

内側から冷える症状は、臓器の温度自体が低下しています。

  • 【末端が冷える】  手足の先が冷くなる
  • 【内側から冷える】 臓器の温度自体が低下

内蔵からの冷えは病気になりやすい

どちらも体には良くないのですが、特に危険なのが内蔵から冷えてしまっている状態です。
臓器の温度が低いと、病気にかかりやすくなります。

女性の場合ですと子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣の病気などの婦人系機能の病気にかかる可能性が高くなってしまいます。

不妊の原因

婦人系機能の病気は不妊の原因となるので、冷えへの対策が必要です。

女性が冷え性になってしまうのは、生活習慣と更年期障害が関わっています。

夏場は衣服やひざ掛けなどで体温調節の工夫を

夏の季節は冷房が使われますが、冷たすぎる風を受け続けると体温が低下し、一定の体温調節がしにくくなります。

更年期障害

更年期に入ると体温調節がしにくくなる傾向があり、体の冷えも更年期障害で起こります。

冷え性や体の冷えの影響で起こる他の病気を予防するには、衣服やひざ掛けなどを利用して体を日頃から冷やさないようにしましょう。

夏場のオフィスでは、ひざ掛けは必需品にするように心がけてください。

原因を知り生活習慣を見直しながら冷え性サプリ摂取

冷え性と生活習慣の関係

肩こり・頭痛・腰痛

悩んでいる人が多い、肩こり・頭痛・腰痛の症状は、実は体が冷えているために起こっている可能性があります。

体温が低い状態で冷えていることを冷え性と言いますが、体の冷えは血の流れを悪くしてしまいます。

血行が悪いと全身にスムーズに血が流れないようになり、体が冷えてしまい肩こりなどの症状が出るようになるのです。

生活習慣を見直そう

血行の流れを改善するには、体の冷えを改善が必要となります。

冷え性になる原因としてあげられるのは、生活習慣です。

甘いお菓子や冷たい飲み物を摂り過ぎる・偏食による栄養バランスの乱れ・運動不足・睡眠不足・冷暖房の影響などです。

  • 糖分が多いお菓子や冷たい飲み物
    糖分が多いお菓子や冷たい飲み物は、体を冷やしやすくします。
  • 栄養素
    健康維持に欠かせない栄養素をきちんと摂取しないと、体の体温維持がしにくくなります。
  • 運動不足と睡眠不足
    運動不足と睡眠不足だとホルモンバランスが乱れやすく、体温が低下する元となります。
  • 冷暖房
    冷暖房は冷た過ぎたり暖か過ぎたりすると、自律神経の働きを崩し体温調節をしにくくします。
日常で注意すべき点

以上の原因の他に日常で注意すべき点として、薄着をしないようにしましょう。
薄着は汗をかきにくくし、体温の調節機能を悪くします。
1枚多く着込むようにして体を温め、多少の汗をかくようにすると冷えを予防・改善できます。

冷え性サプリ要らず!冷え性にならないための注意

冷たい飲み物は控える

体が冷えている時は、冷たい飲み物は控えて、なるべく常温か温かいものをとるようにしましょう。
また、血流を悪くする原因になるので、砂糖やカフェインが含まれた飲み物は、できるだけ避けたほうが良いでしょう。

入浴は湯船につかる

そして入浴時には、自律神経のバランスを整える働きがあるので、湯船につかって体の芯まで温めましょう。

タンパク質はなるべく摂る

お肉やお魚などに多く含まれるタンパク質を制限していると、体が冷えやすくなってしまいます。
タンパク質はなるべく摂るように心がけたほうが良いですが、体調に合わせた食事をするが大切です。

冷房で注意

さらに、急激な温度変化は自律神経のバランスが悪くなります。
冷房を使用する際は、外の気温との温度差は5度以内になるように設定が理想的です。

夏の冷え性の原因

夏の冷え性は、夏の猛暑の時などに、外と冷房で冷えた建物の中を行ったり来たりしていると、温度変化を感じる神経の機能がうまく働かなくなるのが、主な原因だといわれています。
さらに、冷たい飲み物や食べ物も体を冷やす原因になります。

冷え性は女性だけではない! 男性も冷え性に注意

一般的には女性に多くみられますが、最近では冷え性に悩む男性も増えているようです。
冷え性は、頭痛の原因や新陳代謝が低くなり、太りやすい体質にもなってしまうので、改善するために冷え性対策は大切です。

冷え性を治すために:季節の応じて冷え性サプリを活用

冷え性は対策で改善できますが、季節ごとに対策が大切です。

春の対策

春の対策

春は徐々に暖かくなってくるため、冬に比べて薄着が増えたり、入浴はシャワーだけで済ませる、冷たい食べ物や飲み物を摂取が多くなってくる季節です。

しかし、昼は暖かくても夜は冷え込むため、寒暖差が激しい夜には体が冷えてしまうということも多くあります。

これを改善するためには、足元が冷えやすいためデスクワークや家にいるときにはひざ掛けやレッグウォーマー、靴下を重ね履きするなどをして下半身を温めます。

上半身の対策としては、脱ぎ着しやすいような長袖の上着を羽織るようにして、ぬるめの湯船に浸かるように心がけます。

食べ物は、なるべく温かいものを摂取するようにしていきます。

梅雨の対策

梅雨の対策

春が過ぎるとやってくるのが梅雨です。

雨が降ると気温が下がり体調不良になりやすい季節でもあります。

気圧が下がると体調の悪さに影響してきます。

気温は高いですが、体の奥は冷え切っているため対策としては、まず入浴をして体の奥まで温めるようにしていきます。

ホットヨガやストレッチ

体を温めるには適度な運動も効果的で、ホットヨガやストレッチは血行を良くする効果を期待できます。

食べ物は生野菜などを控えるようにして、体を温める根菜類を中心に食べるようにしていきます。

生姜・にんにく

それに加えて体を温めるのに効果的な生姜やにんにくなどを加えるとより効果的です。

また、水分補給も大切な時期ですが、冷たいものばかり飲んでいると体を冷やしてしまうため、なるべく常温のものを飲むか、体を冷やすカフェインが入っていないものを摂取します。

夏の対策

夏の対策

夏になると暑いから冷たいものを摂取することが多くなります。

しかし、これは体の冷えにつながるため注意が必要です。

また、エアコンなどでも体が冷えやすくなっています。

このような時期の対策としては、エアコン対策として薄手のカーディガンやストールを用意しておく、少しでも細く見えるようにきつめの服を着ている人も多いですが血行が悪くなるため締め付けられない服や下着を選びましょう。

飲み物はなるべく常温か温かいものを選んでいきます。

砂糖やカフェインは体を冷やすためなるべく避けるようにしていきます。

寝るときにはエアコンや扇風機をつけっぱなしにしないで、タイマーなどを利用がオススメです。

秋の対策

秋の対策

秋の対策はその他の季節と同様にしていきます。

体を動かして血行を良くしたり、筋肉をつけるようにしていったり、ぬるめのお湯に浸かって体の奥から温めるようにしていきます。

秋も朝と夜では温度差が出てくるため、カーディガンやストールなどを持ち歩いて寒いと思ったら羽織るなどして調節していきます。

食べ物もにんにくや生姜、ネギなどを取り入れが良いとされています。

冬の対策

冬の対策

冬の冷え性対策は様々なものがありますが、簡単にできるものとしてはお風呂を薬草浴にするなどが効果的です。

湯船にゆずやヨモギなどを入れて入浴によって体を温めることができます。

冬に食べるみかんの皮を乾燥させて入浴剤にするのもオススメとなります。

寒くなると寝るときに靴下を履いて寝る人も多いですが、汗を掻き、足の冷えにもつながります。
そのため寝るときには靴下は履かずにレッグウォーマーなどを利用が良いとされています。

軽くリンパマッサージなどを行うのもオススメです。

妊娠中の対策

どんな季節でも冷えに気をつけたいのが妊娠中です。

妊娠中に冷え性になると、つわりがひどくなったり、お腹が張りやすくなるなどの症状がやすくなります。

半身浴・足湯

対策としては、半身浴や足湯を行ったり、体を温める食事をバランス良く腹八分目程度に食べて、冷やさないように天然繊維の靴下を履く、腹巻をするなどの対策を行うことができます。

冷え性サプリにだけでなく、漢方で冷え性を改善

冷え性で熱の産生能力が減退している場合には、漢方の当帰芍薬散桂枝茯苓丸の出番です。

これらの方剤には、補血に働く当帰などの生薬が加えられ、バランスが非常に素晴らしい内容になっています。

冷え性改善サプリ口コミ:みんなの意見・体験談

冷え性に悩んでいる人は人それぞれ悩みをもち、また、改善するためにいろいろな努力をしています。

そこで、冷え性改善サプリを使用した人たちの口コミを紹介します。

市販のサプリから、冷え性改善サプリに変更

そもそも貧血ぎみ、これって冷え性とリンクしているらしい。

ドラックストアなどに売っている市販のサプリを飲んでいましたが、別に効果はなく・・・。

冷え性サプリ 貧血

昔から貧血気味で朝の満員電車が恐怖で、いつも1時間早く家を出なければいけないほどでした。

それと同時に冷え性もひどくいつも手足が冷たいと悩んでいたのですが、友人からどちらも一緒に解決する冷え性サプリがあると美めぐり習慣を教えてくれ、早速始めてみました。

すると、飲み始めて数日で体がぽかぽかしてくる感じがあり、朝もすっきりと起きられるようになりました。
元気な毎日のためには手放せないサプリメントです。

冷えサポートのDHCのものから妊娠中でも飲める冷え性サプリに

冷え性サプリ 妊娠中

子供の頃から貧血気味でした。

血の巡りが悪いせいか冷え性にも悩まされていて、夏でも手足は冷たい状態です。

なんとなく自分の体に合っていたDHCのサプリを飲んでいました。

鉄分のサプリメントなども飲んでいたのですが、妊娠を機に辞めました。

美めぐり習慣は妊娠中にも飲めるサプリで、葉酸も入っているので飲み始めました。
この美めぐり習慣、評判がよくて、お客様満足度は驚きの98%というからびっくりです。

なるほど体の中からあたたかくなっていく感覚で、貧血もよくなったようで、身体がとても楽になりました。

葉酸も入っていて、妊婦をサポートする欠かせないサプリだと思います。

冷え性サプリをドラックストアで購入していました

なんとなくドラックストアで売っている鉄や貧血やしょうがのサプリを飲んでいました。

冷え性を改善していったらダイエットしてないのに痩せた

20代の頃からずっと冷え性に悩まされてきました。

それでも、その頃は代謝が良かったのか、太ることはありませんでした。

しかし、実は冷え性というだけで、太りやすい体質になってしまい、痩せにくいので、太ってからダイエットしてもなかなか効果が出ませんでした。

くろす美人丸は、黒酢+ショウガのダブルパワーで身体の内側から温めてくれるので、いつのまにかポカポカになり、冷えを感じはじめました。

同時に、代謝が上がったためか、ダイエットしなくても、自然に少しずつ体重が落ちてきて、痩せました。

冷え性サプリは女性だけでなく男性も

暑がりの夫と冷え症の妻の我が家

私は日頃手足が冷たい冷え性です。夏場はエアコンの効き過ぎた部屋にいると手足が特に冷たくなり辛いです。

その為いつもエアコンの温度は27~28度ぐらいにしたいのですが、夫は年中暑がりなのでいつもエアコンの温度で喧嘩してしまいます。

人間の体質はそう簡単に変わるものではないので、年月が経っても夫の暑がりは変わらないと思います。

飲み物や食材、運動など生活習慣で冷え性は改善できるので、なるべく夏場は体を冷やさないような食材をとったり、ウォーキングをするなど手足の冷えを起こさない工夫をして過ごしています。

夫は暑がりですが、弟は私と同じ末端冷え性気味。男性にもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました