1. TOP
  2. サプリメント
  3. なんとかしたい!!冬の肌乾燥対策は?

なんとかしたい!!冬の肌乾燥対策は?

冬の肌乾燥対策

冬の肌乾燥対策

冬が近づき、寒い日が続くと気になるのが、お肌の乾燥です。

他の季節には肌の乾燥が気にならない人でも、冬が近づくと、肌がカサつくという人は多いのではないでしょうか?

しかも、冬場の肌乾燥は、突っ張り感やかゆみだけでなく、粉をふいたようになることも多いですよね。

そんな困った冬の肌乾燥について原因や対策を紹介します。

冬場に起こる乾燥肌(粉ふき肌)の原因は?

肌が乾燥すると、気になるのが、かさつきやかゆみです。

そして、そんな中でも、肌が粉をふいてようになる「粉ふき肌」は特に気になりますよね。

寒い季節になると、どうしてそのようなことが起こってしまうのでしょうか?

冬場に起こる乾燥肌(粉ふき肌)

空気の乾燥

寒くなるにつれ、空気中の水分は減り、空気がどんどん乾燥していきます。

空気が乾燥すると、肌の水分もどんどんと蒸発していってしまいます。結果、肌が乾燥してしまうのです。

肌が乾燥する事で皮膚や細胞の脂質が減り、角層に細かなひび割れが起こってしまいます。

いつもは刺激物や異物は、角質によるバリアによって防がれているのですが、乾燥によってひび割れてしまったことで、肌の内部へ侵入しやすくなってしまいます。

外から入ってきたそれらの異物や刺激が肌の表面近くにあるかゆみの神経に、直接触れることでかゆくなるのです。

そして、厄介な肌の粉ふきですが、肌の乾燥が進むことで、ひび割れてしまった角質は、はがれやすい状態になっています。それらのはがれ落ちた角質で、粉をふいているように見えるのです。

粉ふき肌の改善方法

乾燥肌:粉ふき肌の改善方法は?

肌が粉をふいているのは、肌の乾燥によるものでした。その粉ふきを改善するには、とにかく保湿を心がけることです。

肌の保湿に心がける

肌が粉をふいているということは、乾燥によって肌のバリア機能が低下しているという証拠です。

肌の乾燥や粉ふきが気になり始めたら、保湿成分が入ったスキンケア用品や保湿剤などでこまめにスキンケアをしましょう。

ただ、注意してほしいのは、保湿のためにオイルを使っている場合です。

もちろん、オイルは肌の保湿に一役買ってくれますが、オイル自身には、保湿成分は含まれていないので、オイルだけを使用しても肌の乾燥を改善することは出来ません。

オイルの役割としては、油分で肌表面の潤いにフタをして閉じ込めるイメージなので、オイルを使うときは、化粧水などでケアをした後に使うようにしてくださいね。

入浴にも気をつける

毎日オフロに入ったときにも気をつけなければいけないことがあります。

まず、体や顔を洗うときには、ゴシゴシと洗わず、弱酸性の石鹸や洗顔料をしっかりと泡立て、その泡で包み込むように洗いましょう。

また、湯船に長く浸かりすぎると、皮脂や肌にある天然の保湿因子が流れ出してしまい、かえって保湿力が低下してしまいます。

また、体が温まり血行がよくなることで、かゆみを感じやすくなってしまいます。

肌が乾燥しているときは、なるべく湯船に長時間浸からないように心がけましょう。

そして、湯上がりの濡れた肌は、水分の蒸発とともに乾燥が一気に進んでしまいます。

更に、急いで体を拭こうと、ゴワゴワしたバスタオルでこするように拭いてしまっては、余計肌に負担をかけてしまいます。

体を拭くときには、ゴワつきのないタオルで、肌に優しく押し当てて水分を取るようにし、なるべくすぐに保湿クリームを塗るようにしましょう。

冬の乾燥肌:肌の乾燥を予防する方法は?

肌の乾燥を予防するには、普段どのようなことに気をつけるといいのでしょうか?

暖房の設定を見直し加湿を心がける

ただでさえかんそうする冬場ですが、寒くなると、エアコンなどの暖房の使用によって、室内の空気は更に乾燥が進んでしまいます。

暖房を使用するとき、可能であれば低め温度設定をして、室内の湿度が50~60%になるように心がけましょう。

とはいえ、オフィスなど場所によっては温度設定をするのが無理なときがあります。そのような時には、加湿器を利用したり、水を入れた容器を近くにおいたりすることで、乾燥を防ぐことが出来ます。

食事に気をつける

肌の乾燥は、食事に気をつけることで、体の内側から改善することも有効です。現代の食事では、ビタミンやミネラルが不足しがちです。

ビタミンは、肌を健康にするためには欠かせない成分です。また、タンパク質には、細胞同士を繋ぐ役割があります。それらの肌を内側から健康にしてくれる栄養素を、心がけて摂取するようにしましょう。

冬の乾燥肌

冬の乾燥肌:まとめ

いかがでしたか?冬場の乾燥肌には、とにかく保湿クリームなどを使ってこまめに肌を保湿することが大切です。

そして、肌の粉吹きを予防するには、肌を乾燥させないことが重要で、そのためには、部屋を加湿することも大切です。

ただ、改善されない肌の乾燥や痒みやそれらが悪化するような時には、皮膚科の受診をおすすめします。

保湿と加湿に気をつけて、今年の冬は乾燥知らずの美肌で乗り切りましょう!!

《関連サイト》

無理なダイエットの落とし穴、栄養の偏りからくる鉄分不足に注意
鉄サプリメントおすすめ比較ランキング:貧血の原因・改善方法
鉄分不足による貧血には鉄サプリ

貧血予防の食事や貧血予防に役立つサプリの紹介
貧血サプリメント比較ランキング

関連記事

  • モデルなつぅみ:斉藤夏海プロデュースの青汁、Happy Magic(ハッピーマジック)

  • ユーグレナサプリに副作用は残る?

  • ヘクシスでパーソナルダイエットをはじめてみよう!!

  • ホクロ消し・シワに効く・美肌効果があるサプリメントの選び方:コラーゲン・プラセンタ

  • ボディを締めつけて要る手法緩める

  • 【マザコン彼氏との結婚】メリットとデメリット:彼の一言から彼の「マザコン度」を推察!