1. TOP
  2. ママになるなら知っておきたい【母乳育児】「母乳が出る仕組み」と「たくさんの母乳を出すコツ」

ママになるなら知っておきたい【母乳育児】「母乳が出る仕組み」と「たくさんの母乳を出すコツ」

たくさんの母乳を出すコツ

女性の多くはママになることがわかると、赤ちゃんのためになる知識を蓄えようと勉強を始めます。

とくに赤ちゃんの口に入る母乳やミルクについての情報には敏感になるのではないでしょうか。

「母乳育児がいい」と言われれば「母乳100%で育てよう」と張り切る人もいます。

しかし母乳は、誰もが出産すれば簡単にできるわけではないのです。

今回は、母乳育児の原点になる「母乳が出る仕組み」についてお話しします。

母乳育児

関連記事
臨月の悩みについて
臨月では、貧血だけでなく、気持ちが悪い、脚の付け根の痛い、胃痛、頻尿・・・・・などなど

 

母乳を出すまでにはふたつのホルモンが影響している

母乳は、

  • プロラクチンという「母乳を作り出すホルモン
  • オキシトシンという「母乳を外へ押し出すホルモン

のふたつが揃うことで、初めて出すことができるのです。

このふたつのホルモンは、出産したら自動的に出てくるものではありません。

母乳を作り出すホルモンであるプロラクチンは、赤ちゃんとともに胎盤が出ることで活性化されます。

そして、母乳を外に押し出すホルモンであるオキシトシンは、赤ちゃんが吸いつく刺激によって活性化するのです。

オキシトシンは、母乳を外に出す役割だけでなく、子宮を収縮させる働きもあります。

産後の子宮は大きいため、収縮させることで元の大きさに戻すことができるのです。

赤ちゃんは、生まれたばかりのときは吸い付く力が弱く、上手に母乳を口に入れることができません。

つい、たくさんの栄養を赤ちゃんに与えるために、ミルクに切り替えたり、搾乳して哺乳瓶で母乳を与えたりしたくなりますが「吸い付かせる」という行為がママにとっても赤ちゃんにとっても大切なのです。

最初のうちは上手に吸い付くことができなくても、何度もやっていくうちに赤ちゃんも吸い付きがうまくなり、ママも抱っこの仕方がうまくなってきます。

母乳 ホルモン

 

たくさんの母乳を出すためにできること

「母乳をたくさん出すためにはたくさん食べること」と思っている人も多いのですが、食べた分だけ母乳になるというわけでもないようです。

母乳を作るためには、たくさんのエネルギーが必要になるため、ママが栄養を摂ることは確かに大切です。

しかし、母乳を作り外に出すためには、すでにお話しした「ふたつのホルモン」を活性化させる必要があります。

母乳を作り出すホルモンは、出産と同時に活性化します。

「母乳が足りていない」と悩んでいる人は、作られる母乳の量が少ないと悩んでいるわけではなく、外に出て赤ちゃんの口に入る母乳の量が少ないと悩んでいるのです。

母乳を外に出すホルモンは「オキシトシン」です。

オキシトシンは、赤ちゃんに吸い付いてもらうことで活性化します。

母乳は、赤ちゃんに吸い付かれることで外に出ることができるのです。

たくさんの母乳を赤ちゃんに与えたいと思うならば、とにかく「吸わせること」がポイントです。
母乳 オキシトシン

 

母乳をあげているときのトラブル対処法

とにかく赤ちゃんに吸ってもらおうと思い、一日中吸われていると乳首が切れてしまうこともあります。

痛みを感じるようならば、無理に続ける必要はありません。

傷が治るまでは、母乳を搾乳して哺乳瓶で与えてもいいでしょう。

乳首から直接飲むだけでなく、哺乳瓶からも飲めるようになっておくと、ママ以外の人に授乳をお願いすることもできるようになります。

また、母乳はしっかりと作られているけれど、外に出せない状態が続くと乳腺炎になってしまうことがあります。

乳房の張りが強く、熱を持っているように感じたら医療機関を受診しましょう。

 
 
母乳育児は、簡単なようで難しいものです。

母乳育児ができないと、つい自分を責めたくなりますが、最近は粉ミルクも進歩しています。

「母乳がダメならミルクがあるから大丈夫」と思いながら、気楽に母乳育児を楽しんでみてはいかがでしょうか。