更年期の肌トラブルへの対策:40~50歳代のスキンケア(かかとの角質化など)

更年期の肌トラブルへの対策 くすみ

女性ホルモンの一つである「エストロゲン」はキレイと若さを保つのに重要なホルモンと言われています。

エストロゲンは美肌に欠かせない物質です。

けれどもその「エストロゲン」が減少してしまう更年期、この時期には急激なホルモンバランスの変化により肌トラブルが起こりがちになります。

そこで今回は、更年期の女性の肌トラブルを防ぐためにできるスキンケアをご紹介いたします。

更年期の肌トラブルの原因と症状

エストロゲンが減少すると肌のバリア機能が低下します。
それまで使っていた化粧品も合わなくなることがあったり、しわやたるみ、かゆみなど、若いころにはなかったトラブルが出始めます。

人によって違いはありますが、それまで自分の弱点であることが増大する傾向があることが多いようです。

更年期の肌トラブルの原因と症状

肌の弾力や潤いはエストロゲンのおかげ

皮膚の適度な厚みや弾力、潤いなどを維持して美しい肌を保つ働きをするのがエストロゲンです。

そのありがたいエストロゲンが減少することにより、肌の屋台骨がゆるんだり、水分量が減ったりして、しわやたるみの原因となるのです。

年齢を重ねるほど乾燥肌が気になる

乾燥肌に悩む女性は多くそれが引き金になり、しわやたるみ、かゆみなどの肌の様々なトラブルに発展していきます。

なので更年期以降の肌トラブルは乾燥肌対策が大切です。

更年期以降の骨密度の変化や顔のたるみ・しわ・くすみなどのの症状
更年期以降の症状人間の体は、年齢と共に様々な部分が老化していきます。更年期以降、骨密度が変化したり、顔のたるみやしわやくすみなどが生じてきたりします。その原因はホルモンの減少と関係がある事が多く、ホルモンバランスの改善が一つの改善策です。更

更年期に合った肌トラブルの対策

乾燥には保湿ケアということで、それまでより一生懸命になり、高価な保湿クリームをつかったり、高濃度のスキンケア商品をつかったりしがちです。

ところが、どうもこの一生懸命なスキンケアに落とし穴がありそうなのです。
スキンケアを頑張っていた人ほどショックかもしれませんね。

更年期に合った肌トラブルの対策

皮脂の分泌を邪魔しないスキンケア

私たちの肌には天然の保湿成分が備わっています。
天然の保湿成分、それはすなわち「皮脂」です。

「皮脂」というととかく悪者のイメージが付きまといますが、それはまったくの誤解です。

「皮脂は天然の美肌クリーム」と言われていて、皮膚が健康な状態を保つように、必要不可欠なものです。

皮脂のおかげで適度な水分を保ち、有害な菌や紫外線と戦う抵抗力を持つことができています。

そこで皮脂の分泌を邪魔しないスキンケアを考えてみたいと思います。

保湿

更年期 保湿

皮脂を過剰に取り去ったり、保湿効果の高い美容成分が含まれた化粧水や乳液や保湿クリームなどの基礎化粧品を過剰に使うことにより、肌を正常に保つためにある肌の常在菌のバランスを乱してしまうことがあります。

けれども足し算ではなく「引き算」が肌を正常にするカギになることがあります。

つまり基礎化粧品を使わない、あるいは、適度に使うのです。

かといって、これはちょっと勇気がいることです。
これまでしていた基礎化粧品はやめられないと思います。

実際に私は化粧水や乳液を使うのをやめてみましたが、そうすると途端に肌がカサカサになったり、それまでできたことのな吹き出物ができたりかなり苦労しました。
これは好転反応ということですが、慣れるまでには時間がかかりました。

なので、それまで化粧水や乳液をじゃぶじゃぶ付けていた人なら少な目に使うとか、足りないと感じた時に使うとか、引き算していく方が取り組みやすいかもしれません。

引き算していくとだんだん皮脂の状態が整い始め、肌の調子が良くなっていくのがわかるでしょう。

擦らない

擦らない

擦るというのは肌に一番負担をかけることです。
ティッシュやコットンで擦るのはもちろんですが、指で擦るのもできるだけ避けたいところです。

そこでどれだけ日ごろ顔の肌を擦って負担をかけているか見てみましょう。

日常生活で顔を擦る回数
  1. 朝、洗顔して指で擦る
  2. 水分をふき取るためにタオルで擦る
  3. コットンに化粧水を染み込ませて擦る
  4. 乳液を指で塗って擦る
  5. ファンデーションを付けるときに化粧パフで擦る
  6. 汗をかいたらハンカチで擦る
  7. メイクオフ時に指やティッシュで擦る
  8. 洗顔時に指で擦る
  9. タオルで擦る
  10. コットンに化粧水を染み込ませて擦る
  11. 乳液や保湿クリームを指で塗って擦る

こうやってみるとかなり、日常生活で肌を擦っているのがお分かりになるかと思います。

そこで小さな工夫でも大きく変わりますので、ぜひ実行してみることをおすすめします。

擦らないための工夫
  • 洗顔は泡立てた泡で汚れを浮かせる洗い方にする
  • 汗や水を拭きたいときは、ティッシュを一枚顔に乗せて「水分を吸い込ませる」
  • 化粧水や乳液は、手のひらに付けてから顔をおさえるようになじませる
  • 化粧パフは擦らずに「はたく」
  • メイクオフは化粧を浮かせて落とすようにする

 

メイク落とし

メイク落とし

メイククレンジングは肌には負担がかかるものです。
肌に化粧を残さずに丁寧にクレンジングしましょう、などと言いますが、丁寧にしているつもりがゴシゴシ擦ってしまって、実は肌に負担をかけていることが多いのです。

できるだけ擦らないようにするには、ふき取りタイプのメイク落としはNGです。

メイク落としと洗顔がセットで一度で終わるものがおすすめです。
クレンジング剤にメイク汚れを浮かせるようたっぷり使いたいものです。

神経質に肌を擦って負担をかけるより、全部完璧に落ちてなくても、汚れはいつか落ちるので、あまり気にしなくても大丈夫です。
肌に付いた汚れは永遠に残るということなく、いつかなくなるので。

でも大抵の方は「え~?」という反応しますけど・・・

朝は水だけで洗顔

朝は水だけで洗顔

洗顔はもちろんたっぷり泡立てた泡でしましょう。
その時に肌に指を触れないで、泡に汚れを浮かせるようにします。

そこで大切なのは洗いすぎないこと。
洗顔料を使う洗顔には注意が必要です。

最近聞くようになった朝の水だけ洗顔
すなわち洗顔せっけんを付けずに、水やぬるま湯だけで洗うことです。

(私は子供の頃から水だけなので、朝から洗顔料を使うことの方が不思議ですが)

朝の水だけ洗は賛否両論なので、たぶんその人の肌の状態で決めれば良いかと思っています。

朝起きたときに、脂っぽかったら使えば良いし、乾燥気味なら水だけにすれば良いし。Tゾーンだけ使うという手もありますしね。

紫外線対策

紫外線対策

シミやしわは日焼けなどによる「光老化」の影響によるので、紫外線対策を万全にしたいものです。

物理的に紫外線対策として、日傘や帽子やカーテンなどを使いますが、それでも少なからず浴びてしまう紫外線。

UVケアアイテム

そんなときはやはりUVケアクリームなどで防ぐことになります。

ただし、日焼け止めで使うUVケアアイテムは肌に負担をかけるものもあります。

私的にはメイク落としを使う必要のないUVケア商品を選ぶようにしています。

最近だと子供も大人も使える乳液タイプのUVケアもあります。
それだと石鹸で簡単にオフできるので使いやすいかと思います。

UVケアは使い分ける

普段の日焼け止めなら、落とすときの負担が少ないものを、紫外線を浴びそうなときはしっかり防ぐものをと使い分けしたいものですね。

更年期の肌トラブル まとめ

更年期の肌を整えるのには、保湿がカギを握っているけれど、盛れば良いというものではないということを書きました。

適度な保湿と肌を擦らないケアの見直しで、肌の調子が改善されていくことでしょう。

ご自分の肌と相談しながら、一生懸命になりすぎないスキンケアを試してみてくださいね。

40~50歳代のスキンケア

春になると、お花見、歓送迎会、ピクニックなど、ちょっとうきうき気分になりますよね。気温は少しずつ温かくなり、日差しもポカポカのんびり気分になります。

ただ、季節の変わり目でもある春は、お肌にとってちょっと気を付けなければいけない季節でもあるのをご存じでしょうか。

そこで今回は春の肌ダメージとスキンケアについてご紹介してきたいと思います。

季節の変わり目の春は、花粉が多く飛び、紫外線も徐々に強くなる影響で乾燥肌、肌荒れなどのトラブルを引き起こしやすくなるシーズンでもあります。

春は「皮脂汚れ」「毛穴目立ち」にご用心

春は「皮脂汚れ」「毛穴目立ち」にご用心

春は毛穴がつまりやすい季節ということをご存じでしょうか?

気温が暖かくなることで汗や皮脂の分泌が盛んになり、肌の老廃物が増えます。

この老廃物が毛穴の開きやIn short つまり 黒ずみを引き起こす原因になってしまいまいます。

また、春の風に乗って、チリやホコリが舞いやすく、さらに花粉や黄砂が肌に付着し、それが皮脂と混ざりあい毛穴に詰まってしまいがちになります。

春の乾燥

春の乾燥

温かくなってきた春は乾燥に注意です。

春は寒い冬に受けたダメージが残っているうえに、季節風による乾燥が気になる季節です。

春は高気圧と低気圧が交互にやってくるため、ときに嵐をもたらす春一番のように突風が吹き荒れることも…。

気温、湿度などが安定せず寒暖差が激しく、日々コロコロと気候が変化。それに伴い、肌の乾燥やかゆみの悩みも増えてきます。

油断しがちな「春の紫外線」

油断しがちな「春の紫外線」

紫外線は一年中降り注いでいます。

5月頃から8月頃がピークといわれており、春は夏ほど日差しは強くないものの、9月〜10月とほぼ同じ量が降り注ぐとされています。

春はお花見やレジャーをはじめ外出する機会が増え、紫外線による肌ダメージが気になります。紫外線を直に浴びたお肌は、体内から水分が蒸発してお肌を乾燥させてしまいます。

また、生活紫外線と呼ばれる紫外線A波(UV-A)によって皮膚の真皮内が傷つけられると、シワ、ほうれい線、たるみなどお肌の老化の原因になります。

花粉や黄砂がもたらす「春の肌ダメージ」

春の風が運ぶ花粉、黄砂、PM2.5による肌荒れにも注意が必要です。

花粉に加え、この時期は偏西風に乗って黄砂やPM2.5が多く飛来します。
これらの大気中の物質は、身体に影響をおよぼすだけでなく、肌の大敵ともなります。

春のおすすめスキンケア

春のおすすめスキンケア

春の肌トラブルは肌の保湿に注意してスキンケアをすることが大切です。

基本的なお手入れ「クレンジング・洗顔・保湿・UVケア」に焦点をあてて、ご説明いたします。

クレンジング

春の風が運んでくる塵や花粉などの汚れと皮脂から分泌された皮脂が混ざり合って毛穴を詰まらせる原因に。

そこで春のクレンジングは念入りに行います。
クレンジングはオイルタイプやリキッドタイプはクレンジング力は強く、メイクの落ちも良いのですが、その分、肌への負担も大きくなります。

春は肌が敏感になっているので、刺激の少ないミルクタイプやクリープタイプのクレンジング剤の方が保湿力が高くおすすめです。

また、クレンジングの際はクレンジング剤の量が大切です。

少ない量だと肌への摩擦が強くなり刺激になります。
ケチらずに多めに使うようにしましょう。

洗顔

洗顔

洗顔の決め手はずばり「泡」です。
肌の汚れは「泡に浮かせて落とす」が基本です。

どんな洗顔料を使っても、十分に泡立っていなければ毛穴や細かい溝の汚れは落とせないのです。
泡はできるだけ濃密なきめの細かい泡が理想。

洗顔料の理想的な泡の作り方

泡立てネットを使っても良いですが、手だけでも泡立てることができます。慌てずしっかりと泡立てます。

  1. 洗顔料をのせた手をくぼませて受け皿のようにし、水かぬるま湯を加えます。
  2. もう片方の指先で空気をふくませながら泡立てていきます。
  3. ある程度泡が立ってきたら、水かぬるま湯を加えてさらに泡立てます。
  4. できた泡をまとめながら差し水をして泡立てる作業を2~3回繰り返します。

保湿

保湿

汚れを落としたままの肌はバリア機能を失っています。
ここでしっかり保湿することが大切です。
角質層を守る正しいクレンジングと洗顔でお肌を清潔にした後は、すぐに保湿ケアを行います。

たっぷりの化粧水で角質層に水分を与え、美容液でお肌を整えます。乳液やクリームの油分で水分が蒸発しないようにフタをします。

オススメは、角質層に存在するセラミド(セラミド1・セラミド2・セラミドAP・セラミドNP)、体内に存在するヒアルロン酸やコラーゲンなどです。

コットンを使うと摩擦による肌の刺激がありますので、手の平に保湿剤を取り、手のひらで顔を包み、ハンドプレスで浸透させる方が良いでしょう。

顔全体を保湿したら、部分的に目元のしわやほうれい線などに部分付けをするように重ね付けをするのも良いでしょう。

UVケア

UVカット効果のある化粧下地やファンデーションがオススメです。

洗濯物を干す時やちょっとした買い物に出かける時の紫外線対策も忘れずに。こまめな化粧直しも心がけてくださいね。

化粧下地にも使える乳液タイプの日焼け止めは使い勝手がよくおすすめです。

春だからこそ見直したいスキンケア まとめ

いかがでししたでしょうか?
春は肌トラブルに悩まされる季節。

春は、花粉が多く飛び、紫外線も徐々に強くなる影響で乾燥肌、肌荒れなどのトラブルを引き起こしやすくなるシーズンというお話をしました。

だからこそきちんとケアを心がけたいですよね。

基本的なお手入れ「クレンジング・洗顔・保湿・UVケア」です。

きちんとケアをすれば、トラブルなくこの季節を乗り切れますよ。

ガサガサかかと(かかとの角質化)

若い頃はこうじゃなかった!というものはいくつもありますが、その中のひとつが「かかとのガサガサ(かかとの角質化)」があります。
古くなったかかとの角質が積み重なって、乾燥し、鏡餅のような状態ができあがります。

若い頃は何もしなくてもスベスベのかかとでいられましたが、年齢を重ねるごとにゴワゴワ度が増してきて、素足を人に見せられない、ストッキングが伝線して困るという方は多いのではないでしょうか。

更年期は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減り、肌の状態が悪くなることと、更年期に増える「冷え」の症状が影響しているものと思われます。

私もかかとのガサガサとは付き合ってきました。
皮がぺろっと一枚むけるパックをしたりしたこともあります。

足の裏の皮が一気にペロンと剥けるのは気持ち良いものですが、一時しのぎなのですぐに元に戻ってしまいます。

かかとをつるつるにするのは簡単です。
軽石で擦ればツルツルになります。ですがそれはその場しのぎ、かかとを余計に硬くするきっかけになりNGです。

肌は擦れば擦るだけ、皮膚は防御のために固くなってしまうのです。
したがって擦るケアはその場しのぎにすぎません。

ツルツルのカギは「保湿」です。
「保湿」こそがかかとになります。

もう少し詳しく、かかとケアに大切なものは何か「かかとケア」についてお話したいと思います。

かかと 鏡餅

 

「かかとがガサガサ」チェック

かかとがガサガサという方は、こんな生活していませんか?
次のことをチェックしてみてください。

  1. 軽石で擦っている
  2. 冬でも素足で過ごしている
  3. 素足でコタツに入る
  4. 化学繊維の靴下(もこもこ靴下も)を履いている
  5. 冷え性である
  6. 足に合わない靴を履いている
  7. 保湿はいっさい何もしていない
  8. 古い角質を取り除いたあと放置

これらはすべてNG。
どれか一つでも当てはまるなら、かかとはガサガサになっているはずです。

反対に言えばこれらを全てやめれば、かかとガサガサは改善されるはずです。

  1. 擦るケアをやめる
  2. 靴下を履く
  3. 素足でコタツに入らない
  4. 靴下は絹や木綿素材にする
  5. 冷え性を改善する
  6. 足に合う靴を履く
  7. 保湿はきちんとする
  8. 古い角質を取り除いたあとは保湿をする

かかとケアに大切な3項目

かかとのガサガサを改善するのに大切なのは次の3項目。

複雑に考えることはありません。
かかとケアは3つのことに気を付ければ常にかかとはつるつる状態になるはずです。

、かかとケアに大切なものは何か「かかとケア」について

乾燥させない

かかとのケアで重要なのは「乾燥させないこと」

なので、裸足で過ごすことが乾燥させることに繋がります。
ましてや素足でコタツに入るのは、わざわざ乾燥させるためにコタツに入るようなものです(はい、私がやってました)。

素足は気持ちの良いものです。
かつて私は真冬でも素足でいることが自慢の一つ(なんの自慢なのか?)でした。
素足というのは気持ちの良いもので、こたつに素足入るのは熱が直接伝わるるので心地の良い感触が好きでした。

でもこれは最悪。足をオーブンの予熱で温めるようなもの。
みるみる足の裏は乾燥してひび割れていくのでした。

足の裏を乾燥させないためには靴下を使用することが一番です。
だからといって、化学繊維の靴下は肌を摩擦で傷つけ、ますますガサガサへの道を作り出すようなもの。

冬はモコモコの温かい靴下は魅力的ですが、そういった靴下は化学繊維でできているものが多く要注意です。

温かい靴下は実際魅力的です。履くときは中に絹か木綿の靴下を履き、その上からモコモコの靴下を履くと肌を傷つけずにすみます。

かかとのケアで重要なのは「乾燥させないこと」。

保湿の習慣

「保湿」こそフットケアで一番大切なことです。

そして毎日の習慣がものを言います。
お風呂上り、寝る前、靴下を履く前、等、時間を決めて、一日1~2回保湿クリームを塗りましょう。

顔は化粧水や乳液など、何等かの保湿はしていると思いますが、足の保湿は忘れがちです。
なにかを足の裏にぬると床が汚れてしまうのが気になるのなら、塗ったあとに木綿や絹など天然素材の靴下を履くと良いです。

単に乾燥を防ぐだけならワセリンでも良いのですが、すでにガサガサ状態であるなら尿素を含んだクリームを選びましょう。ビタミンやヒアルロン酸も保湿効果を高めてくれる成分です。

ハンドクリームでも良いのですが、フットクリームの方が効果が実感できるはずです。

古い角質を取り除きやすくするには、フルーツ酸やグリコール酸、サリチル酸などの酸性成分や、天然成分である尿素も効果的といわれています。

これらの成分は配合濃度によっては刺激となり肌に負担をかける場合もあります。濃度が高いものはフットクリームとして使用するのではなく、角質専用の集中ケアとして使用することをおすすめします。

「保湿」こそフットケアで一番大切なことです。

角質を除去

せっかくの保湿クリームも、分厚い角質があると浸透しにくいものです。

それだけではありません。角質は積み重なり厚くなり、異常に角層が厚くなる「角化」が起こることもあり、ひび割れや亀裂、ひどい時には出血がみられます。

私も軽石でごしごしする方法、やすりで取り去る方法、角質パックで一度にずるっと剥けさせる方法、いろいろやってみました。

お風呂でふやけた足の裏を軽石でごしごし・・・。でも軽石は余計に皮膚を乾燥させるだけなのでNGです。

角質をこすり取るなら「かかとやすり(フットファイル)」が一般的です。
自力で削るタイプのものと、電動式のものがあります。

私の実感だけで言いますよ。

あくまでも私の感想ではリムーバーが一番良かった。
ある程度固い足の角質の場合ですが、角質を柔らかくするタイプのハードスキンリムーバーはおすすめ

角質を柔らかくする成分を含んだ薬剤をかかとに塗り、角質を柔らかくします。一定時間(私がやった商品では数分)待って、柔らかくふやけた角質をへらで掻きとります。

こんなにあったのか!というほど簡単に角質が取れ、ラッキョウのようなかかとが作られます。

柔らかくふやけた角質は簡単に除去できますので、こすり取るときの負担がありません。
へらで掻きとるときに「おお~!」という感動も味わえます。

冷え改善

根本的な問題解決として、足の裏の角質が厚くなるきっかけに「冷え」があります。

従って「冷え」の対策も重要です。
更年期症状の一つに「冷え」があります。
冷え性の人ほどかかとがガサガサになる傾向があるようです。

冷え性の改善については、また次回お話します。

ガサガサかかと まとめ

ガサガサかかとについてお話しました。

更年期ごろからかかとの悩みが増えてきます。
かかとの基本的なケアについてお話しました。

フットケアは保湿さえ辛抱強く続けていけば、自然につるつるになってきます。
できれば、フットケア用のものを使ってみてください。
つるつるかかとでストッキングの伝線の心配とさよならしてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました