包帯巻き機を自作

包帯巻き機を自作してみた

リンパ浮腫の治療のひとつの「圧迫療法(バンテージ療法)」があります。 むくんでいる腕や足に弾性包帯を巻いてむくみを取っていく方法で、めちゃくちゃ効果があります。 弾圧包帯の欠点、それは、、、、 包帯を巻いているとすごく気持ちよいですし、...
がんに負けないために

日常的に食べている『発がん性のある代表的な食べ物』はこんなにあった

日常的に食べている食品に、発がん性のある食べ物はたくさんあります。代表的なものと、意外なものをピックアップしました。また、発がん性のある食べ物を足るべく食べない工夫も含めてお伝えします。
アブラキサン

抗がん剤「アブラキサン」が一時的に供給停止されたそうです

乳がんの治療で使用される抗がん剤「アブラキサン」の供給が一時的にストップされるというニュースが舞い込んできました。 「アブラキサン」の在庫は10月中頃まであるものの、それ以降の供給は止まります。 「アブラキサン」は乳がん治療で使われる他、...
セルフチェック

皆が乳がんを発見したきっかけで一番多いのはセルフチェックだった!自分で乳がんをチェックする方法を伝授いたします!

生涯で乳がんにかかる乳がん罹患率は年々増える一方で、今や日本人女性の9人に1人がかかると言われている乳がん。殆どの女性は「自分はいつか乳がんになる」と意識しておいても方が良いかもしれません。 女性がなるガンで最も多いのが乳がんですが、その...
治験への参加

治験への参加を勧められたら

私達が飲んでいる薬。その薬が出来上がるまでにはたくさんの段階を経て生まれます。 新しい薬や治療法を承認するために必要な臨床試験を「治験」と呼びます。 今日は治験のことについてお話してみたいと思います。 治験 様々な行程を経て精査してやっと人...
セカンドオピニオン

セカンドオピニオンを活用しよう

がんのように大きな病気だと、特に医師から丁寧な説明をしてもらっても簡単に治療を進めれれない方もおられるかもしれません。 納得して治療を進めるには、別の専門医にも意見を求める「セカンドオピニオン」をお勧めいたします。 セカンドオピニオンとは...
リンパ浮腫予防

乳がん手術後のリンパ浮腫、私が生活で気を付けていること

こんにちは。 乳がん手術でリンパ節を郭清するとリンパ浮腫になる確率が高くなります。 私は乳がん手術後5年でリンパ浮腫を発症、その後、だいたい3年ほど、リンパ浮腫と付き合いながら生活しています。 私は乳がん...
がんに負けないために

乳がん治療中でも新型コロナワクチンは接種できるの?

ねえねえ、新型コロナウイルスワクチンの摂取券が来たんだけど、私、乳がんだしなあ・・・ 乳がん治療中でも新型コロナウイルスワクチンは接種できるんだっけ? あー気になるよね。 特にこれから手術を受ける人とか、治療中...
化学療法・抗がん剤

乳がん治療で「標準治療」を選んだ理由

私は全て標準治療で乳がんの治療を受けました。 当時、お金がなかったので、特別なことをできる余裕がなかったのが1つの理由。標準治療なら公的医療保険が適用されるので、実際には高額な治療であっても自己負担額が原則3割負担で済みますので。 もう...
リンパ浮腫

リンパ浮腫は自分で治す!毎日のセルフケア

最近、腕がだるくて、両手を見比べてみると明らかにひと回り太くなってるの。 あなたも乳がんだったわね。 もしかしてそれ『リンパ浮腫』じゃない? え~? でも一晩寝れば治っちゃうよ? ...
病院・医師・看護師

病院を選択する基準はどうしたらいいの?

私の場合、検査をした個人病院からの紹介で大学病院に移りました。 そのときにいくつかの病院を提案されて、結局は「知ってる病院」ということだけで、親が診てもらっていた病院にしました。 どの病院にしたら良いか、よくわからないこともあると思います...
人工物(インプラント)を用いる再建

人工乳房(インプラント)による乳房再建について

乳がん手術により失った乳房に膨らみを持たせるのに乳房再建術があります。 乳房再建の方法としては「人工物(インプラント)を用いる再建」か、自分の自分のお腹や背中の皮膚を用いる「自家組織による再建」か、「人工物と自家組織の併用」もあります。 ...
手抜き乳がんパッド

乳がん歴9年めの「手抜き乳がんパッド」

乳がんになると乳がん手術を経験することになります。 手術に種類に切除する大きさは異なりますが、全摘手術でも部分切除術でも切除した乳房を補うために、ブラジャーの中にパッドを入れて形を整える必要が出てきます。 私は2012に全摘手術をしたの...
16時間断食

断食初心者がやってみるファスティング(断食)

実は最近、新型コロナで家にいることが増えたせいもあり、おやつのつまみ食いが増えてしまい体重増加が気になっています。 つまみ食い状態で、ちょこちょこ食べる習慣がついてしまい、胃腸に負担をかけ続けている日々。これじゃあいかんだろうと反省しており...
乳がん手術前の写真撮影

乳がん手術前の姿を写真として残す

乳がんになると、残念ながらどうしても手術はすることになります。 できればそのままの乳房を保っていたいものですが、どうしても手術はすることになるでしょう。 女性にとって乳房は特別なものであり、乳房を傷つけることは、女性性をゆるがす大きな出来...
乳がんで入院するときに必要なもの

乳がんで入院するときに便利なグッズ紹介

乳がんで入院するための準備、何を持っていったらよいか、入院をした経験のないとピンとこないことも多いでしょう。 あとになって「あれを忘れて大変だった」「これがあったら便利だったのに」と後悔することにならないよう、事前にチェックしておきましょう...
強い抗酸化作用がある「ビーツ」

強い抗酸化作用がある「ビーツ」に大注目!

近年、注目を集めているビーツ。 ビーツと言えばボルシチに欠かせない真っ赤なカブに似た野菜です。 日本では缶詰で売られれていることが多いのですが、近ごろはスーパーの野菜売り場で目にしたりすることも増えてきました。 ビーツはボルシチの中に入...
化学療法・抗がん剤

化学療法中に吐き気があるときの食事の工夫

化学療法中は副作用として、食欲不振や吐き気を感じるケースがあります。 また、味を正常に感じないといった味覚の変化や口内炎がおきることもあり、思うように食事が摂れない悩みをかかえたりすることも。 吐き気や嘔吐は抗がん剤の治療によっておこりや...
健康維持

お酒が好きな女性は乳がんにご注意

乳がんの罹患数は年々増加傾向で、年間9万人の日本人女性が新たに乳がんと診断されており、日本人女性の中で最も罹患(りかん)数の多いがんです。 最近の研究で、女性の多量飲酒が乳がんリスクを1.7倍に高めることがわかりました。 飲酒の習慣のあ...
乳がん検査

乳がん検診を受けるタイミングはいつがいい?

今や日本人女性が生涯で乳がんに罹患する確率は、10.6%(9人に1人)となってしまいました。 自分は乳がんにならないという過信は禁物です。 知らず知らず病は忍び寄ってくるもの。 乳がんは、無症状のうちに検診を受診すれば早期発見につながり...
タイトルとURLをコピーしました