1. TOP
  2. 生活
  3. 中古マンション
  4. 【新居探し】中古マンションなら「予算ピッタリの物件」を買っても大丈夫?購入価格以外に必要になる費用とは

【新居探し】中古マンションなら「予算ピッタリの物件」を買っても大丈夫?購入価格以外に必要になる費用とは

値引きは経費分に

中古マンションは、価格の幅が広いため予算が限られていても予算に応じた物件が探しやすいでしょう。

たくさんの物件をみていると「予算ピッタリの物件」に出会うこともあります。

「予算とピッタリだ」と飛びついてしまうと、後々大変なことになるかもしれません。

今回は、結婚後の新居探しとして、
中古マンション購入によくある「予算ピッタリの物件」を買った後におこりやすい想定外の出費についてお話しします。

 

中古マンションに消費税はないから予算ピッタリ?

中古マンションを買うときには、新築マンションのように消費税がかかりません。

同じ間取りで同じ条件の3000万円のマンションであっても、新築マンションなら3000万円に消費税が加算されますが、中古マンションになると3000万円に加算されることはないのです。

 

予算すべてを使うのはアウト

マンションは、元の価格が高額なため消費税分といっても数百万円になります。
3000万円の予算で気に入った3000万円の中古マンションと出会えると「予算ピッタリだ」と飛びつきたくなるでしょう。

しかし、3000万円が手持ちのすべてならば、3000万円すべてを使ってしまうと大変なことになるかもしれません。

 

不動産仲介手数料

なぜならば、中古マンションといっても不動産に仲介をお願いしていた場合は仲介手数料が必要です。
また、購入後は登記をしなければなりません。

物件は、登記をして初めて自分のモノになるのです。
登記は自分することもできますが、とても専門的であり、間違えてしまうと大変なことになります。

 

司法書士への手数料

通常は司法書士にお願いします。
そうすると、司法書士に支払う手数料も必要になります。

司法書士は、不動産会社が紹介してくれるため、自分で探してくる必要はありませんが、不動産会社と司法書士は違った組織であるため、手数料の振込先は別々です。

 

振込手数料

それぞれに振込手数料が発生することもあり、手数料と振込手数料の総額は数十万円になることが一般的でしょう。

物件の購入額と比べれば数十万円は少ないように感じるかもしれませんが、数十万円の出費は大きいものです。

 

マンションの買い替えなら、高く売って安く購入したいですね。
【参考サイト】

中古マンションに消費税はないから予算ピッタリ?

 

中古マンションの予算:購入後に必要なお金

中古マンションは、新築マンションと違い「現状のまま引き渡し」が原則です。
壁紙もガスレンジも食洗機も現状のまま引き渡されることになります。

壁紙やビルドインの電化製品は、内覧のときにさりげなく確認することができるため、壁紙の汚れがひどいときには値下げ交渉の材料に使うこともできます。

 

給湯器

しかし購入後に想定外の出費となりやすいものが給湯器なのです。
給湯器とは、お湯を出すときに必要なものになります。
お風呂のお湯も台所のお湯も給湯器がなければ出てきません。

しかし、お湯が出ているかどうかまで内覧のときにチェックすることは難しいのです。

例えば、台所のお湯を触らせてもらうことはできたとしても、マンションによっては台所とお風呂と同時にお湯を出してみるとぬるくなるということがあります。

お風呂場を見せてもらうことは気が引けてしまうため、ちらっとみて「ありがとうございます」と去ってしまう人が多いのです。

給湯器の性能は見た目ではわかりません。
実際にお湯を触らせてもらうことも難しいでしょう。

 

一目で給湯器をチェックする方法

一目で給湯器をチェックする方法があります。
それは、給湯器に書かれている「年」を確認する方法です。
給湯器は、ベランダもしくは共有廊下に設置されています。
ベランダに設置されている場合は、内覧のときにベランダを見せてもらうついでにチェックしてみましょう。

 

床暖房がある物件は要チェック

とくにガスで温める床暖房がある物件は給湯器がとても大切です。
ガスで温める床暖房は、給湯器が壊れてしまうと床暖房も使えなくなってしまいます。

給湯器は、お湯を沸かすだけの機能ならば手ごろな価格で買うことができますが、床暖房の機能もついていると50万円近くするのです。

壁紙の汚れならばしばらく我慢してお金に余裕ができてから替えることもできますが、給湯器は壊れた翌日から生活に影響が出てしまいます。

 

内覧のときに給湯器の状態を確認

内覧のときに給湯器の状態を確認し「購入後に買い替える必要がある」と思ったときには、値引き交渉の材料に使ってもいいでしょう。
購入後に給湯器の状態が悪いことがわかったときには、すぐに不動産担当者に連絡をします。
購入後、一定期間は保障してくれる可能性があります。

 

中古マンションだからこそ購入後に必要なお金

 

 

中古マンションの予算:修繕積立金の額もチェック

築年数が経っている中古マンションは、数年後に大規模修繕が控えている可能性があります。

 

修繕積立金が安い場合

修繕にはたくさんのお金が必要です。
修繕計画と積立計画がきちんとしている場合は心配ないのですが、周辺のマンションと比べて修繕積立金が安い場合は積立金が不足している可能性があります。

 

最悪の場合

最悪の場合、修繕が必要になったのに積立金が足りず、住民から臨時の積立金徴収が行われることもあるのです。

また、マンションによっては購入時に毎月の積立金とは別に基金としてお金を徴収することもあります。

 

購入後だけ発生するお金

「購入後だけ発生するお金」は、不動産会社に支払うお金だけとは限りません。
マンションの管理会社や自治会に支払うこともあるのです。
中古マンションは修繕積立金の額もチェック

中古マンションを住宅ローンで買う場合:予算の組み方

中古マンションは高額な買い物です。
住宅ローンで購入する人は、とくに予算ピッタリでローンを組まないようにしましょう。

 

「現在の状態」が続くとは限らない

住宅ローンを組むとき、現在の給与と支出から返済額を割り出す人がいます。
しかし「現在の状態」が続くとは限らないのです。

 

30年後をイメージしてローンを組む

住宅ローンを組むときには30年後をイメージして「現在が一番いいとき」と思って返済計画を作るようにしましょう。

 

購入後の出費

中古マンションは消費税がかからないため、つい予算ピッタリの物件を買っても大丈夫な気がします。

 

「念のため」のお金

しかし、実際には購入後の出費がかなりあるものです。
中古マンションに限らず、大きな買い物をするときには「念のため」のお金を残しておいた方がいいのかもしれません。

 

中古マンションを住宅ローンで買う場合

結婚相談所を知りたい方も入会したい方も、まずは資料一括請求してみませんか。 結婚サービス比較.com
安心・信頼で選ぶなら【ズバット 結婚サービス比較】