1. TOP
  2. 恋愛
  3. 結婚にむいていない!結婚むきではない男性の特徴3つ

結婚にむいていない!結婚むきではない男性の特徴3つ

【結婚相談】結婚にむいていない!結婚むきではない男性の特徴3つ

結婚には、むいている人とむいていない人がいます。

女性は、長く付き合っていると男性の嫌なところでも目をつぶったり、自分がカバーしたりすれば結婚生活は成り立つと考えがちです。
しかし、結婚にむいていない人と結婚してしまえば、やはり苦労する可能性は高くなります。

今回は、結婚むきではない男性の特徴を3つ紹介します。
つきあっている彼が特徴に当てはまった場合は、結婚をもう一度考え直してみてもいいのではないでしょうか。

どこでもキスしてくる男性は結婚に向いてない

どこでもキスしてくる男性は結婚に向いてない

映画館や公園のベンチのような公共の場でイチャイチャしているカップルをみることがあります。
お互いにイチャイチャしたいと思うような若い人たちならば「若いわね」とほほえましく思えるところもあるかもしれません。

しかし、いわゆる一般常識を備えているであろう年齢のカップルが公共の場でイチャイチャしていると「場所を考えなさい」と言いたくなります。
二人ともが求めあっているならばともかく、一方が相手の気持ちを考えずに感情で行動に出ている場合は問題です。

考えが幼稚な人か熱しやすく冷めやすい人

公共の場や人の目がある場所でキスしたり、イチャイチャしたりすることは「恥ずかしい」と思う人がほとんどでしょう。
にもかかわらず。相手の気持ちや周りの人の気持ちを考えず、行動に出るということは、考えが幼稚な人か熱しやすく冷めやすい人かもしれません。

結婚は情熱的なことよりも冷静さのほうが大切

つきあっているときには、すごく情熱的な男性は魅力的に感じます。
しかし、結婚は情熱的なことよりも冷静さのほうが大切です。
時と場合を見極めて大人な行動ができる人と結婚したほうが安定した結婚生活が送るれるのではないでしょうか。
デート中にどこでも「キスしよう」と言ってくる人は、相手と接したいのではなく、周りに見せつけることで満足感を得るタイプの人かもしれません。
結婚よりも恋愛にむいている人でしょう。

熱しやすく冷めやすい人との結婚は急がないように

とくに熱しやすく冷めやすい人との結婚は急がないようにしましょう。
熱しやすく冷めやすい人は行動力があるため、熱されているときに結婚まで進んでしまうことがあります。
しかし、結婚したとたんに熱が冷めてしまい、すぐに結婚生活が終了することも多いのです。

 

新しいもの好きで飽きっぽい男性は結婚に向いてない

新しいもの好きで飽きっぽい男性は結婚に向いてない

流行の服や曲に敏感で、新しいものはとりあえずチェックする男性は結婚にむいていないかもしれません。
とくに車を頻繁に乗り換える人は、お金の面を考えても結婚むきではないでしょう。

安定した家庭に飽きる

新しいもの好きで飽きっぽい人は、常に刺激を求めています。
結婚直後は、新しい家具や家電を買い、新しい生活が始まるため、とても楽しく過ごします。

しかし、まもなく結婚生活が日常になると、飽きっぽい人は結婚に飽き始めるのです。
結婚というよりも「安定した家庭」に飽きます。

結婚したあとには新しいいいことだけでなく、悪いこともおこります。
そのときに、目の前にある問題を解決しようとせずに、新しい人を探しに走ってしまう可能性があるのです。

幸せな結婚と社会的な評価は一致しないことも

新しいものに走っていく男性側は傷つくことは少ないのですが、おいて行かれた女性側はとても傷つきます。
新しいもの好きで飽きっぽい男性は、一見上昇志向がある活発な男性にみえることがあります。
社会人としては評価が高いかもしれませんが、幸せな結婚と社会的な評価は必ずしも一致はしません。

自分のことを一切語らない男性は結婚に向いてない

自分のことを一切語らない男性は結婚に向いてない

無口で硬派な男性がモテた時代は終わっています。
今は、発信できる人の方がモテる時代です。
とはいっても、口数が多ければ結婚むきというわけではありません。
どんなに口数が多くても、自分のことには触れず、当たり障りのない話ばかりする男性は結婚むきではないでしょう。

自分のことについて一切語らない理由

自分のことについて一切語らないということは、相手に対して感情を出さないつもりの人か、過去に話したくない秘密がある人かもしれません。
過去に秘密や言いたくないことは、誰にでもあるでしょう。
結婚する相手にすべてを洗いざらい話す必要はありません。
言わなければならないことな言う人ならば、問題ないでしょう。
しかし、相手に対して感情を出したくないために自分のことを一切語らない人は結婚むきではありません。

自分の感情を出さないということ

自分の感情を出さないということは、相手を信頼していないということです。
自分のことを一切語らない男性の中には、どんな相手にも自分のことや感情を出さない人がいます。
そういう人は、結婚して誰かと一緒に人生を歩むよりも、自分の空間や時間はしっかりと確保したうえで「付き合う人」として交際したほうがいい関係を保つことができるのかもしれません。

まとめ 結婚にむいてない男性

まとめ 結婚にむいてない男性

結婚は、生まれも育ちも違う人と一緒に生きていることなので、すべてがピッタリとあうことはありません。
お互いに歩み寄って譲り合いながら生きていくことが結婚です。
しかし、中には結婚が合わない人もいます。
結婚が幸せなのか、結婚せずにいるほうが幸せなのかを見極めて、本当の幸せをつかみましょう。

結婚相談所を知りたい方も入会したい方も、まずは資料一括請求してみませんか。 結婚サービス比較.com
安心・信頼で選ぶなら【ズバット 結婚サービス比較】

関連記事

  • 彼氏とすぐに別れる女性のありがちな4つの特徴

  • 30代で彼氏と別れた、この先幸せをつかむ3つの方法とは

  • 年上の彼氏が欲しいときの2つの手引き

  • どうしても可愛い彼女が欲しいなら出会い系を攻略するのがコスパ良い

  • 女子高だからこそ素敵な彼氏が欲しい!実現させましょう!

  • 職場の男性に片思い!これって脈なしサイン?