1. TOP
  2. 実際にあった話! 【結婚式】でみつけた旦那様の「がっかり行動」 ベスト3と番外編

実際にあった話! 【結婚式】でみつけた旦那様の「がっかり行動」 ベスト3と番外編

実際にあった話! 【結婚式】でみつけた旦那様の「がっかり行動」 ベスト3と番外編

結婚式は緊張します。

花嫁はもちろん、花婿も花嫁と同じくらい緊張しているものです。
しかし、男性は女性よりも気を緩めやすい特徴があるのかもしれません。

「やっと結婚式までこじつけたのに」と花嫁をがっかりさせた結婚式当日に実際におきた花婿の「がっかり行動」ベスト3と番外編を発表します。

ベスト3:勧められるがままに飲んでしまい、式の終盤は酔っ払いになった

結婚式はお祝いの席であり、楽しむことが大切です。
友人たちもお酒を飲んで歌い、式場は「飲む」という雰囲気になります。
招待客は、飲んで楽しんでもらってもいいのです。

酔いをさましてから、ゆっくりと友人に送ってもらえばいいのです。
しかし、主役である花婿は式の最後までしっかりとしていなければなりません。

結婚式は、式次第にそって進行していきます。
花婿が酔っぱらってしまい、ふらふらになってしまってはせっかく長い時間かけて準備をしてきた予定がくるってしまうのです。

会社や招待客によっては、花婿にが飲むように言ってくる可能性もあります。
勧められたお酒を断ってしまえば、場の雰囲気が悪くなる可能性もあります。
事前に「お酒を勧められる可能性が高い」と思う場合は、前もって高砂の下にバケツを置いてもらうといいでしょう。

グラスにお酒を注がれたら、一口だけ口をつけてバケツにサッと入れるのです。
もったいないような気もしますが、主役の花婿がみんなの前でべろんべろんになってしまう方が問題です。

結婚式の終盤は酔っ払いになった

ベスト2:受付をお願いした花嫁側の友人にうれしそうに声をかけていた

「結婚したら君一人」と頭では思っていても、目の前に独身の若い女性が立っていると声をかけたくなるものなのかもしれません。

結婚式が始まる直前の花嫁は、緊張して神経がピリピリしています。
そんなときに目の前で、自分の旦那様になる人が自分の友達にデレデレと話しかけていたら気分を害するでしょう。

「こんな人だったのか」と今さら気がついても遅いのです。
結婚前は相手の悪いところを探して「結婚相手としてふさわしい人か」をよく考える必要があります。

しかし、結婚式まできてしまったら「気になるところも悪いところも受け入れる覚悟」を持つしかないのです。

受付をお願いした花嫁側の友人にうれしそうに声をかけていた

ベスト1:両親への花束贈呈のときに花嫁をおいて、さっさと自分の母親の元へ行ってしまった

結婚式の最後は、両親への花束贈呈になります。
会場の照明が落とされ、両家の親は会場の後ろに立って、花束を持ってやってくる我が子を待つのです。

花嫁と花婿は、ウェディングプランナーから大きな花束を受け取り、会場の前からゆっくりと親の元へ歩きます。

しかし、会場には招待客が座っているテーブルがたくさん並んでいるのです。
花婿は、スーツ姿のため、いつも通りサッサと歩くことができますが、花嫁は着慣れないドレスを着ているため、速くは歩くことができません。

しかも、途中には招待客の荷物が椅子の横に飛び出していることもあり、荷物にぶつからないように歩かなければならないのです。

司会者が「花束贈呈になります。どうぞ」と言ったとたんに、花婿は「ママ」と言わんばかりの顔でママの元へニコニコと歩いて行ってしまったのです。

花嫁は、花束を受け取ったものの一歩が出せずに立ち止まっていました。

ウェディングプランナーやお手伝いをしてくれる人たちが、招待客の荷物をどけて通り道を作ってくれたときには、すでに花婿はママに花束を渡して、ママの隣にピッタリとくっついて花嫁を見ていたのです。

花嫁は花束を持ち、一人で会場の前から後ろへと歩いていきました。
笑っていたのは、花婿とそのママだけで、花嫁と招待客の表情は固まっていました。
やはり花嫁の立場から言わせてもらえば、花嫁を気遣て一緒に歩いてほしかったのではないでしょうか。

両親への花束贈呈のときに花嫁をおいて、さっさと自分の母親の元へ行ってしまった

番外編:招待客としてがっかりしたこと

結婚式に数多く出席しましたが、しばしばがっかりすることが引き出物です。
結婚式の座席は、会社の部署や親せき関係ごとにテーブルが分かれます。

そして、引き出物は椅子の下に置かれていることが多いのですが、引き出物が入っている袋の大きさに差があることがあるのです。

テーブルごとに大きさが違うのならば、肩書や年齢でご祝儀額を予想し、それにふさわしい引き出物を入れていると想像がつきます。

しかし、テーブルごとではなく椅子ごと、つまり人によって紙袋の大きさに違いがあると「この人はご祝儀額が大きくて、この人は少ないと予想したのかしら」と勘繰ってしまうのです。

結婚式が終われば、親しい仲間同士で帰るものです。
そのときに、大きな紙袋の人と小さな紙袋の人がいると、なんだかギクシャクするのではないでしょうか。

引き出物の額に違いはあったとしても、紙袋の大きさは揃える配慮はしてほしいものです。

実際にあった話! 【結婚式】でみつけた旦那様の「がっかり行動」 ベスト3と番外編

まとめ

結婚式は、主役の二人に注目が集まるため、小さな失敗も大きな失敗にみえてしまうのかもしれません。
しかし、結婚式でのがっかり行動は、意外と長く尾を引きます。
旦那様は、花嫁が「幸せな結婚式だった」と思えるように、ちょっとだけ気を使った方が今後の結婚生活に響かないかも。
女性の方が後後まで覚えてるものですからね。

関連記事

  • 【結婚式】結婚式当時に新郎新婦が急病! 災害発生で招待客のほとんどが来られない! 想定外の対処策とは

    【結婚式】結婚式当時に新郎新婦が急病! 災害発生で招待客のほとんどが来られない! 想定外の対処策とは

  • 脇の黒ずみ

    披露宴時のワキの下が気になる!脇の下の黒ずみの原因・改善方法

  • NO IMAGE

    時代を感じます。プロポーズって?

  • NO IMAGE

    【披露宴まで1年編】マイルを活用してハワイ新婚旅行実現 Vol.2:結婚費用を抑える方法

  • 手汗・脇汗(多汗症):結婚式

    手汗・脇汗(多汗症):結婚式で少し心配(披露宴が心配・悩み)

  • NO IMAGE

    isn’t(イズント:オーダーメイドタキシード;結婚式)