1. TOP
  2. 離婚
  3. お見合い結婚の離婚率
  4. 結婚相談所のお見合い婚で成婚したカップルの離婚率が低い3つの理由

結婚相談所のお見合い婚で成婚したカップルの離婚率が低い3つの理由

結婚相談所のお見合い婚で成婚したカップルの離婚率が低い3つの理由

目の前の「結婚」という目標に視野が狭まり、婚活が上手くいっても後になって離婚してしまっては本末転倒です。

離婚率を調べていくと、意外にも自由恋愛の末に結婚したカップルよりも、お見合いや街コンなど、結婚前提の出会いで結ばれた男女の方が長続きするというデータがあります。

その理由はいったいどこに隠れているのでしょうか?

 

お見合い結婚に比べ恋愛婚は離婚が多い

学生時代や職場の出会い、友人の紹介などで意気投合して、やがてカップルとなり結婚する恋愛の延長線にある結婚と、
婚活パーティーや結婚相談所経由の出会いからなる結婚を比較すれば、多くの方が前者の恋愛結婚に魅力を感じると思います。

なので昔ながらのお見合いなんて意識しない人も少なくありません。

 

婚活パーティーや結婚相談所経由の出会いからなる結婚

離婚トラブルは珍しくない

でも実際に世の中に目を向けてみるとどうでしょう。
「もうこれ以上夫の傍にいられない」「今すぐ離婚したい」
などと、聞いているこっちの気が滅入ってしまうような、激しい離婚トラブルがあちこちで燃えていますよね…

晴れ舞台の結婚式を挙げたり、周囲の人や親族に祝福してもらったなら、誰だって離婚なんてしたくありませんよね。

10組中3組は離婚する

現在日本人既婚者のうち、およそ3割の夫婦は生涯離婚すると言われています。
10組中3組ですから、決して少ない数字ではないし、他人事でもありません。

なぜ離婚してしまうのか?

その理由として最も挙げられるのが、「価値観のズレ」です。
結婚前はラブラブだったはずの2人も、数年の時を経てみると、相手の性格や価値観に嫌気をさしてしまうようです。

離婚にまで及ぶのですから、相当な価値観の不釣合が生じているのでしょう。

離婚に及ばなくとも

中には、離婚まではしていないけど結婚10年目にして、配偶者と性格の食い違いを感じている夫婦もいるようです。

離婚の原因

他に挙げられる離婚の原因は、

  • お金遣いの荒さ
  • 不倫
  • 子供の世話を放棄

等が上位にあります。

 

離婚の原因

 

お見合い結婚の離婚率は低い

ではお見合い結婚された方々の離婚率はなんと1割程度にしか満たないのです。
10組中1組ですから、この数値は低いと言えるでしょう。

 

恋愛感情が大きく関係

どうして違いが生まれてしまうのかというと、そこには「好き」という恋愛感情が大きく関係しています。

恋愛の末の結婚の場合、結婚する理由には少なくとも「好き」や「大事な人だから」という感情が大きく混ざっている場合がありますよね。

好きという感情は結婚にとってどうか

これは悪いことではないのですが、恋愛と結婚生活は別物だという観点からすれば、好きという感情は結婚にとって必ずしもメリットになるとは限らないのです。

5年前の自分を思い返してみてください、何が好きでしたか?今でもその「好き」な気持ちは熱が冷めていませんか。

人の感情は持続しない

人の感情は移り変わるものです、これは残念なことはなく、いたって自然な動きです。

結婚前は愛情だけで何でも乗り越えられる自信があっても、10年20年先まで明解に想像できている人間は少数です。

恋愛結婚の重要ポイント

感情のコントロールは自分でも難しいものです、なので結婚の理由に感情が大部分を示すような恋愛結婚においては、将来「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまう可能性も増えるということです。

婚活で結婚を決めた人達の重要ポイント

反対に、
婚活を行う男女同士で早期結婚を決めるパターンでは、もちろん恋愛感情を持って接することは変わりありませんが、それ以上に条件や人生計画の相合など結婚するうえで重要になってくるポイントを抑えた入籍になります。

始めからある程度自分を客観視することが出来る

言い方は冷たいかもしれませんが、お見合いの場合は合理的な結婚とも言えますね。
感情に流されず、程よく冷静な気持ちで結婚に踏み切れるので、始めからある程度自分を客観視することが出来るのかもしれません。

人の感情は持続しない

よくある離婚の失敗談

「交際期間から夫のパチンコ癖には正直嫌でした、それでも当時は彼が大好きだったので許して今日まで生活してきました。
しかしもう我慢の限界です、あした離婚届を提出します!!」

このような話があります。

問題点ははじめから避けることができる

見合い結婚なら、始めからギャンブル好きな男性を避けることが簡単にクリアできてしまいます。
関連記事
婚活サイトと結婚相談所って何が違うの?それぞれの特徴を比較

 

見合い結婚なら、始めからギャンブル好きな男性を避けることが簡単にクリアできてしまいます。

 

お見合い結婚が離婚率の低さを証明する3つの理由

1.幸せの感じ方は緩やかに上昇

愛し合ってお互い感情がピークに高まったカップルは、自然に同棲や結婚へとステージアップします。

その後こどもを授かると、ハッピーな気持ちは最高潮に上ります。
そこで危険なのが熱の冷め方です。

落ち方が急降下

大きく膨れ上がった幸せは上手に育み続ければ維持することは出来ますが、万が一落ちたときの落ち方は強烈です。

一時的なすれ違いから関係性は急降下して、今まで幸せだった分、過去の自分たちと比較してしまい最悪離婚にまで進んでしまうこともあるのです。

落ち方が急降下

幸せの感じ方は緩やかに上昇

その点、お見合いで知り合った2人なら、幸せの感じ方は緩やかに上昇していきます。

感情の上げ下げが少ない分、冷静でいられるメリットがあるのです。

「燃えるような愛を分かち合って結婚したい」
という願望がある方には味気ないかもしれませんが、お見合い婚だと激しく気持ちが冷めるといったリスクが少ないので、離婚の可能性も抑えることができるのです。

 

 

2.価値観の違いをはじめからクリアできるから

冒頭でも述べたように、恋愛結婚で別れてしまった夫婦の1番の原因は「価値観や性格の違い」です。

お見合いなどの婚活を通じた結婚の場合、付き合う前から互いのデータを確認できるので、あとになって嫌な部分に目がつくのを避けることが出来ます。

不要な感情を持ち込まず、性格の合った人と巡り合える

どういうことかと言うと、

  • 飲酒
  • 喫煙
  • 希望する子供の人数
  • 何歳までに何をしたいのか
  • 一生賃貸か戸建て購入派か

このように様々な条件を照らし合わせることが可能なので、恋人同士の結婚とは違い不要な感情を持ち込まず、性格の合った人を絞り込めるのです。

3.互いの親族との関係が良好

婚活をしている娘や息子が、努力の結果条件に合った異性と出会い、結婚することになったら反対する親御さんはそうそういません。

お見合いをする中で、ほとんどのご親族は協力的です。
相手の両親に好かれていない結婚生活は苦しいものです。

誰かに応援・肯定される形で結婚できるお見合い婚は、結婚後の生きやすさにも影響してくるのです。

 

関連記事

20代女性の結婚相談所の利用率が近年ので急増!?早めに活動し出す結婚相談所のメリット

関連記事

  • 【婚活 要注意人物】マザコン男もまずいが、母親に対して「トラウマ」を抱えている男はもっと要注意?!

  • 30代で彼氏と別れた、この先幸せをつかむ3つの方法とは

  • 【結婚相談所・体験談】お付き合いを初めて、10ヶ月後に結婚をすることになりました。

  • 結婚相談所に入会して結婚までの平均的な期間は?婚活からプロポーズするまで

  • 婚活サイトと結婚相談所って何が違うの?それぞれの特徴を比較

  • 職場の男性に片思い!これって脈なしサイン?