家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器の選び方

従来は本格的な脱毛を行う場合は脱毛エステを利用するのが主流でした、もちろん現在でも脱毛エステを利用する人はいますが、脱毛に関する知識や家庭用脱毛器の進化により個人が家庭で脱毛するのは簡単になっています。

家庭用脱毛器の価格もこなれてきて購入しやすい価格になっています。そのため今後も家庭で脱毛器を使い脱毛する人は増えていくと予想されます。

コストパフォーマンス

家庭用脱毛器を選ぶ上で重視したいのはコストパフォーマンスです。脱毛器本体の性能はもちろんですが消耗品の交換頻度も選ぶ際の大事なポイントになります。

なぜなら充電して使う機器の場合、充電する回数、照射するショット数ごとにカートリッジの交換が必要となるからです。

家庭用の脱毛器を使い気になる箇所の脱毛をアレコレやっているとあっという間に付属してきたカートリッジは交換することになります。

そのときに交換用カートリッジが入手しやすいか?交換用カートリッジは購入しやすい金額か?という点が大事になります。

また、本体を選ぶ際に安さで選ぶと脱毛力が弱い=照射される光が弱い製品はおおく安物買いの銭失いになってしまいます。本体の価格と消耗品にかかる金額を視野にいれて良い脱毛器を選ぶようにしましょう。

家庭用脱毛器の選び方

カートリッジのコストについて

カートリッジのコストについて

前述した家庭用脱毛器のカートリッジは使い続ければ交換することになります。ここで1ショットあたりのカートリッジにかかるコストはどのくらいか?について。

ケノンとトリア

家庭用脱毛器で人気がある商品はケノンとトリア、まずケノンは交換カートリッジを採用しており1ショットあたりのコストは0.15円ほどです。

対して、トリアはカートリッジ式ではなくバッテリー交換なので1ショット0.137円となっています。

本体価格が安い場合、1ショットあたりのカートリッジコストが高くなる傾向があります、逆に本体価格が高い場合はカートリッジのコストは低く抑えられます。

もっとも最悪は家庭用脱毛器は本体が高く、カートリッジコストが高い製品を購入することです、これらの商品情報やコストを調べるのはメーカーHPや価格コムなどのユーザーレビューを参考すると良いでしょう。

家庭用脱毛器比較

家庭用脱毛器
家庭で気軽に自分で脱毛するのに最近では家庭用脱毛器が使われています、脱毛器以外にもブラジリアンワックスや自家製のワックスで脱毛処理をする女性も増えています。

ここでは数ある脱毛器の中から人気の2種類を紹介します。まずクリニックと同じ効果を得ることが出来ると評価されている「トリア」についてです。

トリア

トリアの特徴をまとめてみました。

  • クリニックレベルの脱毛が可能
  • ダイオードレーザー技術を流用したのがトリア
  • メラニン色素に作用するので肌への影響が少ない
  • 2週間に1度の処理でOK、3ヶ月ほどで約70%の再発毛を抑える。

トリアの特徴で特筆される点はクリニックで使われるレーザー脱毛器と同じ原理のダイオードレーザーを応用していること

脱毛から再発毛までの期間が長く一定の処理で数ヶ月後には再発毛する期間が飛躍的に伸びること。

黒毛の色素を作るメラニンを直接刺激するので肌へのダメージが他のフラッシュ式の脱毛器と比べて少ない。

ケノン

トリアと人気を二分しているのがケノンです。

ケノンの特徴は全身くまなく脱毛することが可能、フラッシュ式の家庭用脱毛器としては最大照射面積を誇る。以前のケノン器と比べ現在、発売されているのは連射機能が向上しており短時間で効果を得られるなどメリットがあります。

ただしトリアと比べてケノンを使用した感想の中に脱毛後、肌が若干痛くなったという感想を目にしました。肌の強さには個人差があるので全ての人が痛くなるわけではありませんが照射時間と脱毛箇所に比例して肌への刺激の強さに強弱

家庭用脱毛器の使用のトラブル

家庭用脱毛器のトラブル
自宅にいなが簡単に脱毛ができる便利な家庭用の脱毛器ですが簡単に出来るが故にトラブルもあります。トラブルの原因は正しい使用方法で使わずにいたことが原因です。

火傷

家庭用脱毛器で1番多いトラブルは火傷です。

レーザー方式でもフラッシュ方式のどちらを使っても黒い色素に反応する光をお肌に照射して毛根にダメージを与えムダ毛の成長を遅らせることを目的としています。

ムダ毛が濃い脱毛のの効果が出やすいのですが、その反面で痛みも強くなります。痛みの強弱には個人差がありますが主にヒリヒリする痛みが多いのが特徴です。

夏場におおいトラブルが日焼けした肌に脱毛器を使うことです。
肌が日焼けした状態に脱毛器を使うとメラニン色素に光が反応し高温となり皮膚が火傷してしまいます。

日焼けサロンで日焼け

ちなみにエステサロンの脱毛でも日焼けの度合いで施術を断られるケースがあります。

日焼けサロンで日焼けするのが趣味な人は注意してください。

更に光を照射してはまずいのがほくろやタトゥーなどです。光を反射し易いために家庭用脱毛器を照射して火傷になるトラブルが報告されています。

ほくろの多い人、体にタトゥーを入れている人は脱毛器を使う時にはバンドエイドなどを肌に貼ってから施術を開始してください。

家庭用の脱毛器で報告されるトラブルには乾燥からくる肌荒れもあります。

肌荒れの原因は施術後の保湿を怠ったためで家庭用脱毛器施術のあとはクリームや乳液などを使い肌に保湿を与えることを忘れないで下さい。

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは高い脱毛技術とスタッフの心の行き届いた接客で大変人気が高いサロンですが、そのほかにも優れているところがあります。

それが脱毛業界の中でも店舗数No.1という実績です。 全国に180店舗以上を誇り、店舗数No.1という実績を達成しています。

ミュゼプラチナムの店舗数が多いことはさまざまな予約上のメリットにつながります。 たとえばミュゼの行きつけのサロンで予約がいっぱいだった時には最寄りの別のサロンでの希望日の予約を取ることが出来るのです。

店舗の選択肢が広がるというのはお客さんにとって大変有利な条件になると言えるでしょう。 また、店舗数が多く全国に同じレベルの高い施術を受けるサロンがあるので、契約したあとに万が一引越しなどをしなくてはいけなくなった場合にも、転居先で脱毛の続きの施術を受けることができます。

このように店舗数というスケールメリットを活かしたお客さんのメリットの多い予約や施術を受けることが出来るのです。

ミュゼの全身脱毛の評判について

ミュゼはわき脱毛のキャンペーンなど低価格で高品質の脱毛が話題となっている、業界最大手のチェーンですが、全身脱毛を希望される方も増えています。

その理由はミュゼのフラッシュ脱毛が痛みが少なくデリケートなパーツの脱毛でも安心して受けることができます。

一般的に脱毛は一箇所につき6回以上の照射が必要なのですが、全身への脱毛ともなるとその照射の回数は大変多いものとなります。

ミュゼプラチナムの脱毛はスムーズスキンコントロール方式というマシーンを導入しているので毛乳頭にしっかりと働きかけながらも、肌を守った照射をすることが出来るのです。
これにより評判の痛みが少ない美肌の仕上がりにすることが出来るのです。

ミュゼの全身脱毛の魅力はそれだけではありません。

自分で照射回数を選ぶことが出来るので、脱毛完了させたい期間で選んだり、仕上がりで選んだりと好みで脱毛することが出来るのです。

パーツごとの脱毛をしていた方がこうした全身脱毛に切り替えるケースはとても多いのです。

ミュゼプラチナムは高い脱毛技術