1. TOP
  2. 素揚げ料理レシピ(アメリカの味)

素揚げ料理レシピ(アメリカの味)

バッファローウィングとはアメリカのニューヨーク州バッファローが発祥の、国を代表する鶏肉の素揚げ料理。

地元バッファローの住民からは、「バッファローチキンウィング」縮めて「チキンウィング」「ウィング」とも呼ばれるそうです。

バッファローウィング

アメリカではハンバーガーやピザと並んで代表的なジャンクフードで、スポーツバー等では欠かせないメニューになっています。

作り方はとてもシンプル。鶏肉の手羽先や手羽元をキッチンペーパーで丁寧に水分を拭き取ったら、衣は着けずに180℃の油でじっくりと素揚げにし、中まで火を通します。

これをタバスコ、無塩バター、ケチャップ、すりおろしにんにく、塩胡椒を混ぜて加熱したソースに絡めるだけ。

本場のバッファローウィングはカイエンペッパーやお酢、香辛料等を混ぜてソースを作りますが、日本ではタバスコがあれば独特の酸味と辛味のソースを再現する事が十分可能です。

バッファロー

また、そのままでも十分に美味しいのですが、ブルーチーズドレッシングを着けて食べるのが本場の主流。独特のソース味がこのドレッシングのチーズ味にもぴったり合うんだとか。

ブルーチーズ、ヨーグルト、マヨネーズ、レモン汁等を混ぜ合わせて作る事も出来ますが、無ければシーザーサラダのドレッシングで代用出来ます。

あとは付け合わせにセロリやニンジンのスティックも用意すれば、一度食べたら癖になる止まらないメニューの完成です。

出典:
株式会社バッファローウィングス・ジャパン
バッファローウィング・ソース(バッファローチキンウィング)
https://www.buffalowings.co.jp/