1. TOP
  2. マナー・習慣
  3. 口臭の原因と改善方法

口臭の原因と改善方法

口臭の原因と改善方法

口臭の悩み

実際に口臭の悩みを抱いている人は決して珍しくありません。
とはいえ、自分ではなかなか気づくことができないため、誰かに指摘されて初めて気づくことも多々あります。

そしてそれ以来、自分の口が臭いのではないかと心配になってしまう人は決して少なくないのです。

 

口臭の原因と改善方法

ただ、口臭がするようになったとはいえ、それを改善できないわけではありません。

口臭の原因と改善方法を知れば、いつも自分が臭くないかなどを気にする必要もなくなります。

では、まずは口臭の原因、そしてその改善方法を段階に分けて紹介します。

口臭の原因と改善方法

まず原因として考えられるのが、虫歯です。

虫歯が原因で口臭を感じる場合は、まるで腐っているような臭い、腐敗臭がするのが大きな特徴です。

虫歯自体は最初は歯の表面だけなのですが、その後どんどんと進行し、結果的にタンパク質でできている神経までう蝕が進行してしまいます。

この際、タンパク質が腐敗してしまうことによって口臭を発するのが一般的です。

また、食べかすが虫歯の穴の中に溜まると、細菌が繁殖して歯垢となって臭いが出てきます。

これらを改善するためには、まずはプラークコントロールを行うことと、虫歯の治療が必要不可欠です。

 

歯周病

また口内環境として注意すべきなのが歯周病です。

初期は全く痛みもないので自覚がない人も少なくありませんが、放置しておくとどんどんその状態が進んでいってしまいます。

そして悪化していくと簡単に出血するようになったり、出血に膿が混じるようにもなります。

この状態になると膿によって口臭もひどくなりますが、これを改善するためにはまずは丁寧な歯磨きです。

しっかりと歯と歯茎の境目を意識してブラッシングすることで、歯周ポケットを綺麗に為ることができます。

虫歯

 

食べ物が原因

もちろん食べ物が原因となることも少なくありません。

例えばニンニクやネギ類、さらに乳製品などは硫黄化合物やタンパク質の影響によってどうしても不快な臭いが発生してしまいがちです。

これを改善するためには、まずはしっかりと歯磨きをすること、さらにマウスウォッシュなどを効果的に活用して、口内を清潔に保つようにします。

加齢

さらに以前は全く口臭が気にならなかった人でも、ここ数年気になるようになったということもあり得ます。

その場合、口内のトラブルだけが関係しているのではなく、実は加齢が大きく関係していることもあるので注意しなければなりません。

口の中には数多くの細菌が存在していますが、通常、その細菌は唾液が分泌しているので繁殖が抑えられています。

しかし年齢によって唾液の分泌が減ってしまうと、口が乾燥傾向となり、結果的に細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

この場合、まずはプラークコントロールをしっかりと行う事、さらに口内を乾燥させないようにこまめに水分補給する方法が効果的です。

 

生理中

女性の場合は、生理中も口臭が強くなるように感じる人がいます。

女性は女性ホルモンの分泌量の変化により、口内の乾燥している状態も大きく変わってきてしまいます。

生理前から生理中は口が乾きやすく、結果的に口臭が強まってしまうので注意しなければなりません。

この場合、しっかりと歯磨きをする事が重要で、さらに排卵期から生理中はその他の時期よりももっと丁寧にプラークコントロールすると口臭の改善が図れます。

ドライマウス

ただ、現在では年齢や生理中ということ関係なしでドライマウスで悩んでいる人も少なくありません。

唾液野分泌が減ってしまうので、結果的に細菌が繁殖してしまいます。

ただ、ドライマウス自体はその症状を改善することもできるようになっており、まずは水分補給、さらに唾液腺のマッサージをしたり鼻呼吸を心がけるなどで対処することも可能です。

またそれでも良くならない場合は歯科、口腔外科、耳鼻咽喉科で診てもらうことで、ドライマウスを改善して口臭も気にならない状態にすることも可能です。