1. TOP
  2. 女性の育毛について考えてみた:開始時期は早いほうがいいですか?

女性の育毛について考えてみた:開始時期は早いほうがいいですか?

女性が育毛

女性が育毛を開始する時期はいつがよいのか?

一般的には女性ホルモンが崩れやすくなる40代後半から50代始めに抜け毛や薄毛、白髪が増えてくるので、育毛はその直後から始めるべきでしょう。

女性ホルモンは年齢と共に個人差はありますが必ず減ってしまうものです。

代表的な例として生理が終わる減少があります。

月経が閉経することで今まで分泌されていた女性ホルモンも減ります。

その為、女性型脱毛症と呼ばれるFAGAの症状が進行します。

  • 症状は髪の毛全体のボリュームが少なくなる
  • 髪の毛が細くなる
  • 頭頂部の分け目から髪の毛が細くなるので分け目の間隔が大きく目立つようになる

などがあります。

抜け毛・薄毛を感じるようになったら

上記の症状を自覚し始めた人は医療機関で診断をうけ必要な薬を処方してもらう必要がありますが、それだけではなく適切な運動とバランスのよい食生活を始めることが大事なポイントです。

まず、加齢と共に肉体は衰えるので心肺機能の維持、新陣代謝の維持を心がける必要がありますが、具体的には継続して行える運動、特に有酸素運動をすることです。

有酸素運動の種類は数多くありますが体への負担が少ないのがウォーキングや散歩、水泳、自転車などです。体をいじめる運動ではなく体を動かせる機能を維持するための運動が良いでしょう。

スグにでも実行できる運動としてはウォーキングが最適で体への負担が最も少ない運動です。

水泳や自転車も体への負担が少なく心肺機能を鍛えることが出来る運動として有名ですが、ウォーキングと比べると場所や機材が必要な分だけ敷居が高いかもしれません。

食生活で注意するのは肉類中心の生活を改め野菜や消費しやすい食事内容に変えることです。

また血行の流れがよい事も大事であり女性ホルモンに似た働きがあるイソフラボンを取る機会を多くするべきです。

つまりビタミン各種とくにビタミンEを摂取するように心がけるとよいでしょう。

抜け毛

手軽に始める食生活と運動による育毛について

男性、女性ともに髪の毛の育毛に大事なのはバランスよい食事と適度な運動といわれ栄養のある食事で髪の毛の成長に必要な栄養素を摂り、適度な運動によって新陣代謝を促進し、肉体の衰えをカバーします。

新陣代謝があがることで血行もよくなり、髪の毛を成長させる毛母細胞への栄養も不足なく行き渡るようになります。

では、実際に髪の毛の育毛によい食事内容とはどのようなものか説明していきます。

髪の毛の成分がほぼタンパク質で構成されていますが正確には「ケラチンタンパク質」と呼ばれる18種類のアミノ酸が結合したものとなります。

髪の成長に必要な栄養素は以下の食材が代表的です。

  • :タンパク質(豚肉、魚介類、大豆など)
  • :ビタミンC(緑黄色野菜)
  • :ビタミンE(胡麻、ナッツなど)
  • :鉄分(レバー)
  • :ミネラル

などがあります。

肉類中心の食事ではなくバランスよく野菜サラダをつけあわせるなど工夫すると良いでしょう。

また脂肪のつきやすい牛肉より鶏肉のムネ部分などの方が同じ量でも摂取する脂に差がでてきます。

緑黄色野菜、特にトマトに含まれるリコピンは血液の汚れを純化する作用があると言われ血液の流れをよくする働きが期待できます。

1日1個のトマトの摂取が難しいかもしれませんがプチトマトをおやつ代わりに摂取するだけでも間食よりも健康的な食生活になるでしょう。

適度な運動は健康的な生活をする上で欠かせないものですが普段、仕事で忙しい人だと運動に割く時間が取れない事もあり運動から遠ざかってしまいがちです。

手軽に始めることが出来る運動として有酸素運動のウォーキングは効果が高く、すぐに始めることができる運動です。出社、帰宅時の歩く距離を少し伸ばすだけでもウォーキング効果があり継続することで体力面もアップできます。

走るのが苦手な人でも歩く距離を伸ばす事から始めれるなどの利便さからウォーキング愛好者がふえています。

有酸素運動で脂肪が減り新陣代謝が活発化することで体に巡る血液も増えていくのですが髪の毛の成長に必要な毛母細胞にも血液からの栄養が行き渡るようになります。

女性の白髪が増える原因について

女性の白髪が増える年齢は30代後半から40代前半と言われますが、髪の毛に含まれるメラニン色素によって白髪発生率は変化します。

「メラニン」とは髪の毛の成長を司る毛母細胞の中にあるメラノサイトと呼ばれる組織の略称となります。

メラノサイトの活動が衰えると男女問わず髪の毛の色素が抜けて白髪となります。

面白いのは家族や身内の人に白髪の多い人がいる場合、同じ箇所に白髪が発生しやすい傾向にある点です。

例えば父親と息子の場合、容姿が似ていると白髪の生える場所も似てくるそうです。

ただし白髪のメカニズムはまだ解明され尽くしていない分野で遺伝子が白髪に関係するか?白髪を根本的に無くすことはできるか?
など研究が続いています。

白髪になる原因とは

白髪が増える原因の多くが「加齢」によるメラノサイトの活動が衰える事によって起きるのですが遺伝子的に白髪発生には個人差があるとも言われています。

病気、治療薬の副作用による一時的な白髪発生。病気治療のために処方される薬の副作用によって髪の毛の成長に衰えが生じるケースでは白髪、脱毛が増えるようです。

女性の場合、更年期障害などによってホルモンバランスが崩れると白髪が増え肉体の加齢も加速する傾向が強くある一定の年齢を境に一気に白髪が増えるケースもあります。

ダイエットや食事制限による栄養不足が原因の場合、髪の毛を育てるのに必要な成分(ビタミン、ミネラル、カルシウム、タンパク質)など1日の活動に必要な栄養素をダイエットや食事制限で抑えると髪の毛が充分に成長せずメラノサイトの活動も弱まることに繋がります。

過度のダイエットで報告されるのは白髪よりも脱毛の悩みですが髪の毛が成長するメカニズムには個人差があり人よって脱毛より白髪が目立つようになることもあります。

また、原因の特定が難しく解決法も難しくするのが精神的ストレスによる白髪です。仕事、対人関係などのストレスによって毛細血管が収縮することは研究で報告されていますが毛細血管が収縮することで毛母細胞への栄養が行き渡らず白髪も発生しやすくなります。

白髪予防

白髪を予防、髪の毛を健康にするシャンプー

女性が薄毛や抜け毛、白髪に悩む原因の多くは女性ホルモンの変化によって引き起こされると言われ、体調の変化として代表的な例が「出産後の抜け毛」。

薄毛になる原因の多くは「甲状腺機能低下症」といわれ男性と比べても女性の方が甲状腺機能低下症になる確率が高いそうです。

女性も男性も白髪になる原因はメラノサイトの消失により髪の毛の黒い成分が抜けることによっておきますが、メラノサイトを回復させる手段は現段階ではまだ見つかっていません。

メラノサイトの衰退は遺伝や体質により個人差があり白髪の多い人、そうでない人の差もそれらに起因します、しかし疲労や病気などによって本来はメラノサイトが衰退しにくい体質の人に白髪が増えるケースも報告されています。

白髪が増える原因として、「体調不良である」、「仕事や友人関係で悩むが多く精神的ストレスを抱えている」ケースがおおく特に精神的ストレスを解消するための方法は人によって原因が違うように解決方法も千差万別です。

体質が問題でない白髪の場合、原因が解決されると元の黒髪に復活しやすいと言われますが日頃から気をかけることで白髪を増やさないように務めることも肝心なポイントです。

体調不良やストレスに関係なく行えるのが規則正しい食生活と定期的な洗髪ですが、特に洗髪に使用するシャンプーについては下記の成分に着目して選ぶと良いでしょう。

  • ● 頭皮に刺激が少ないシャンプー(低アミノ酸シャンプー)
  • ● 血行を良くする成分、ミノキシジルが処方されているシャンプー
  • ● 脂質の高いシャンプー(化学油など)は使わない

の以上となります。

頭皮に優しく血行を良くする成分を含んでいるシャンプーが髪の毛の健康を保つのに良いシャンプーです。”

白髪予防に無添加シャンプーを使用

女性白髪の原因の多くが加齢によりメラノサイトが減退し髪の毛の色素が薄くなるためですが、白髪は個人差、体質などが原因の場合は予防するのが難しいと言われます。

白髪予防として出来ることは如何に髪の毛の健康状態を長く維持するかがポイントになって来ます。

白髪予防のみならず頭皮と毛穴を健康な状態を維持するのに必要なのが刺激の少ないシャンプーを選ぶことです。

ここでは無添加シャンプーに重点を置いたシャンプーを紹介します。無添加シャンプーとして既に実績のある利尻シャンプーの特徴をまとめてみました。

利尻シャンプーの特徴

  • ● 天然利尻昆布100%エキスを使用
  • ● アミノ酸系シャンプー
  • ● 保湿効果が高い
  • ● ヘアカラーとの相性も高い
  • ● ノンシリーコンシャンプーである

などが有りますが、ノンシリーコンシャンプーが何故、髪の毛の健康を維持するのに大事なのかについて説明します。

髪の毛がサラサラしやすいシャンプーの多くにはシリコーンと呼ばれる髪を保護するコーティング剤が採用されています。

髪の毛の表面を保護するという意味では効果があるシリコーンシャンプーですが、頭皮の汚れ、毛穴つまりの原因にもなるで結果として髪の毛の成長を妨げるケースが発生しやすくなります。

利尻シャンプーが他のノンシリーコンシャンプーとの最大の違いはアミノ酸系シャンプーでは実感しにくい洗髪後の髪の毛サラサラ感を利尻シャンプーでは実感出来る点です。

何故、利尻シャンプーは髪の毛サラサラの効果を得ることができるのか?それは天然昆布に含まれる保湿効果にあります。

昆布に含まれる保湿効果は下記の3つの働きによります。

  • ● フコイダン(保湿力が高くみずみずしさを維持する)
  • ● アルギニン酸(ヌルヌル成分、保湿効果が高い)
  • ● ミネラル(髪や頭皮に潤いを与える)

上記のようにシリコーンシャンプーを使わずとも利尻シャンプーでは髪の毛の表面を保護し頭皮改善も同時に行えるのです。

利尻シャンプー

医療機関の受診が必要なケース

女性は年齢を重ねるとホルモンバランスが崩れやすくなり、女性ホルモンバランスが崩れると抜け毛、薄毛も増えやすくなりますが、それ以外にも体調面で不調が多くなります。

具体的には更年期障害がそれにあたります。
更年期障害が起きる原因は女性ホルモンが減退するためであり、月経が閉経期にはいります。簡単にいえば生理が止まる(無くなる)と言うことです。

生理が止まることで卵巣で育成していた女性ホルモンが少なくなり、その代わりに男性ホルモンの分泌の割合が増えます。

男性ホルモンの量は減ることがないので女性ホルモンよりも割合が増える結果になるわけです。

この状態で抜け毛が増えていくのをAGA(男性型脱毛症)と呼ぶことは以前にも説明していますが、抜け毛の増えた場合は医療機関での治療が必要となります。

近年の治療方法で注目を浴びているのが低出力レザーによる治療で薬を服用する治療方法より効果が早く表れますが個人サロンで受ける治療にはバラつきがあり中には粗悪なレザー機で施術するケースもあります。

健康のために医療機関で行うのがベストです。

また、医療機関で治療うけると処方される薬の成分の多くはミノキシジル配合薬がほとんどです。

育毛内服薬として「パントガール」があり医療機関で処方される育毛内服薬はパントガールかミノキシジルが入った薬となります。

自分で行える更年期障害対策として効果が高いのが体を動かす有酸素運動で特に体への負担が少なく継続して行えるウォーキングは近年、人気の高い運動として注目されています。

ウォーキングが分からない人には近場までの散歩でも充分です。散歩することで体内の脂肪が燃焼する働きを維持する、近場の距離でも継続することで心肺機能が維持され新陣代謝の働きも活発な状態を保つことができます。

一番、マズイのは食べて寝るの生活を過ごすことで食べた分を消費しないと脂肪に変わり肥満症へと繋がります。

関連記事

  • 女性の薄毛とホルモンの関係