1. TOP
  2. 若い男性・女性におすすめの誰でもすぐにできる節約術3選!

若い男性・女性におすすめの誰でもすぐにできる節約術3選!

節約術

年齢が若いうちは収入が多くはないのに遊びやおしゃれにはお金をかけたく、お金はいくらあっても足りないものですよね。

結婚式のために、または老後の資金のために、今からお金の節約術を知っておくのもいいでしょう。

そこで今回は誰でも簡単にできる節約方法を3点ご紹介します。

固定費を減らす

まず、意識して使うつもりがなくても毎月当たり前のようにかかってしまう固定費(家賃、携帯電話代、プロバイダ代)を見直すことが有効です。

例えば携帯電話代に月1万円近く払っているのなら、今話題のMVNO業者の格安SIMに乗り換えることによって、携帯電話代は簡単に1/3程度まで抑えることができます。

実際、私は以前は月8,000円の支払いをしていましたが、SIMの乗り換えによって毎月2,000円強程度に抑えることができています。

同様に家のネットのプロバイダ料金も比較してみると、安いところが見つかると思いますよ。

固定費を下げる、といってもいきなり家の引っ越しをするとなるとハードルが高く、引っ越し費用もかかってしまいます。

まずは携帯電話代など、簡単に見直しができるところから挑戦してみるのがおすすめです。

食事 節約

食費を減らす

節約していても意外とかかってしまうのが食費です。

特に食事は健康に直結するので安いからと言って激安の食材ばかり買ったり、食べるのを我慢するなんていう選択肢もとりにくいですよね。

そこでおすすめなのが買い物を行く回数を決める、という方法です。

例えば週に2回、など買い物に行く方法を自分で決めてしまいます。

そして次の買い物までに朝昼晩で何を食べるのか?というのをざっくりと決め、手帳に書いてスケジューリング。

こうするだけで必要な食材が大まかに把握できて便利ですし、余分なものを買うこともなくなります。

また、買い物の回数を減らすだけで「これ食べてみたい!」と手に取ってしまう衝動買いを減らすこともできるので大きく食費を減らすことができます。

また、作り置きのおかずを作っておいて、複数回に分けておかずを食べるのもおすすめです。

これなら時間もお金も節約できて、とってもお得ですよ。

まずは自分のお気に入りの簡単な作り置きレシピを10個くらいマスターして、レシピを見ないでつくれるようになると楽になります。

新聞・図書費を減らす

意外と盲点なのが新聞や雑誌、本などの新聞図書費です。

特に新聞に関しては、
社会の情報をいち早くキャッチするには新聞が欠かせない、と思われていた時代も終わりました。

朝日新聞の偏向報道は当たり前となりました。
慰安婦、南京大虐殺など・・・誤報の域を超え、昨今でも引き続き国民を馬鹿にし続けている。

また、
毎日新聞:毎日デイリーニューズWaiWai問題は、何を考えているのか?疑問だらけ

  • 日本人の母親は、中学生の息子が成績を落とさないためにフェラチオをする
  • 福岡の米祭りは、顔に塗る白い液体の「顔射」に似ている
  • 六本木のあるレストランでは、日本人は食事の前にその材料となる動物と獣姦する
  • 日本のティーンたちは、バイアグラを使ってウサギのようにセックスをする
  • ポケモンの意味は勃起した男性器である
  • 日本のファーストフード店では、女子高生が性的狂乱状態になる
  • 日本の女子高生は、刺激のためにノーブラ・ノーパンになる
  • 日本人の約6割は、コンドームを他の動物に乱用する
  • 日本の性教育は、初めに性行為・強姦の方法を学ぶ
  • 日本の30代の男性の約8割は、ストレス発散のためにマスターベーションをする
  • 日本人女性の55%は、初対面の男性と一緒に寝る
  • 渋谷の百貨店の109の由来は1の字は男性器の形、0は睾丸、9は肛門をイメージしたものである
  • 防衛省はロリータマンガキャラクターを使って内部を明らかにする
  • 日本の殆ど全ての漁師は、海でマンタと獣姦をする

毎日新聞:毎日デイリーニューズWaiWaiは、何の意図があって、上記のニュースを流したのか?

まぁ、そんなことはいいとして、
新聞を行動して若い人は少ないかもしれないけど、今はネットで最新の情報を得る形でいいでしょう。

ということで、
新聞ならではのメリットがなくなった今、少しでも節約したい、と考える方は思い切って購読をやめてしまうのがおすすめです。

また、そのほかにも読みたい本はまず図書館にないか調べてみる、雑誌を複数購入しているなら雑誌読み放題アプリを使ってみる、など様々な方法があります。

【参考サイト】
楽天マガジン
eBookJapan(マンガ電子書籍)
まずは無料でお試し【ブック放題】
星の砂文庫

私も実際、図書館には毎日お世話になっています。

新刊でもまず図書館でいち早く予約して借り、ずっと手元に残したい本だと思えば別途購入するようにしています。

節約方法の初期にできる3つのことを紹介しました。

すぐにでもできる節約方法3選をご紹介しました。

ぜひ、毎日に取り入れてよりあなたがお金をかけたい部分にお金をかける、生きたお金の使い方をしていってくださいね。

関連記事

  • 30代未婚女性 節約術

    35歳OL、私の節約術:30代未婚女性の節約方法を紹介します