1. TOP
  2. 時代を感じます。プロポーズって?

時代を感じます。プロポーズって?

来たる6月9日に友人(男)が披露宴をする・結婚が決まりました。
おでとうございます。

 

6月9日・・・・・・ロックの日  ですね。
 

そんなことはいいとして、
その彼、2年くらい前から、結婚のことは口していたものの、
彼女へは何となくの意志のみ、両家もいつかいつか首を長くしている状況でした。
 

プロポーズって、なかなか難しいようですね。 

彼に限らず、草食男子なる、どっちつかずの男性も増えていることで
少なからず、
「はっきりしてよ!」
っと思っている女性陣、多いのではないでしょうか?

また、そんな圧力があるからこそ、男性陣はさらに萎縮し、
【しっかり決めなちゃ!】
っとプレッシャーがかかり、マイナスのスパイラルに陥っていますね。

【結婚は勢い!】
という格言があります。
プロポーズは勢いとも言えるでしょう。

本当にその通りです。
あくまでもスタートなのですから・・。
結婚すれば、自然と自覚もできますし、他人同士であるが故、ぶつかり合いあいもあります。
当たり前のことです。
 

私の場合、親戚のおばさんから、
「若いうちに結婚しなさい、若かったら失敗しても次があるから」
っと、言われたことがあります。

とは言え、プロポーズをする、受ける、今の時代一大行事であることは間違いないでしょう。
 

そんなこともあってか、
◆「幸せ結婚プログラム」結婚をあきらめていた女性がわずか18日で理想の男性からプロポーズされた方法というページを見つけました。
 

自然な形でプロポーズを誘発する作戦です。
今のままなら、逆プロポーズしちゃうぞ!っと思っている人!必見かもしれません。

誘導を仕掛けるわけですから、プロポーズする男性のほうも、違和感なくプロポーズできることでしょう。

関連記事

  • NO IMAGE

    YOKO堂のハンコ

  • NO IMAGE

    Hawaii Wing

  • NO IMAGE

    新郎新婦必見!「ガッカリな披露宴にしないための心配り 第3位

  • 男性司会者の魅力 オススメ人気司会者:柴田進(ウエディングMC )

  • ハワイアンジュエリー

    ハワイアンジュエリーのことならハワイオブジュンコ

  • 【3日間限定】結婚費用を抑える 【結婚情報誌では教えてくれない情報】